D.Gray-manのクロウリーファンブログです。Dグレ情報を集めています。(ネタバレは発売日以降)

カテゴリ: 本誌感想  2019/07/24(水)
■前記事⇒ 第233夜 「A.Wに別れを告げる・The way of the three」感想1

前回の感想で私「まあでもクロウリーの御祖父様も友人だったらしいし友人は多いのかな」と書きましたが、よく考えたらクロスとクロウリー1世さんが友人である裏付けは

「御祖父様の訃報を聞いて来た友人とかで」
「東国へ行きたいから友人の孫のよしみで金を貸せと…」
(5巻40夜/クロウリー)

このセリフ二つしかないんですよ。
そしてクロス側の証言しかない。つまり上記は、クロスがイノセンス入りの食人花をスムーズに渡してお金を借りる為に敢えてそう説明した可能性もあるわけで。
いや私個人としては友人であってほしいのですが!でも1世さん側の証言もないと正確な所は分かりませんし!

対して233夜の神父さんはもうほぼ友人で確定なんですよね。

「私のことは構うなと……いっただろう」
→ アクマに殺されかけているのに相手の事を考えた発言

「すまん…来るのが遅すぎた」
→ あのクロスが!相手が男なのに謝ってる!!Σ(゚□゚; )
→ 構うなと言われていたのに来た

「友よ…!」
→ アクマの狙いがクロス殺害ならこの神父さんが殺されたのはクロスのとばっちりだろうに、それを一言も責めずに友と言い切った!!それどころか「構うな 探しものをみつけろ」と後押しする言葉まで付けて!!

そして14巻130夜の扉などでクロスがずっと身に着けている十字架は、この神父さんの形見である可能性があるわけで。

この神父さん、クロスにとってすごく貴重な友人だったのでは…?
何がどうなって友人関係を築くに至ったのか知りたい…!!コミックスのおまけとかで情報を出して頂けませんか星野先生ー!!


サーカスのコジモと赤腕


「同じ買われた者同士じゃん~~」

えっコジモもサーカスの団長に買われた立場だったの?!


「オレは貴族の血を引いてんだぞ… こんな所にいるハズじゃねーのによぉっ!」

これは小説3巻に書かれていた通り。
てっきり元貴族が没落して日銭を稼ぐ為に仕方なく(自分の意志で)サーカス入りしたのかと思っていたけれど、コジモも売られた立場だったのか…。じゃあ赤腕にやたら酷く当たるのは同族嫌悪でもあるの?


犬アレンと赤腕


遊ばれてる………犬に遊ばれてるのかオレは………?

これ、犬アレンにとっては「寂しそうな子どもがいるからちょっと遊んであげよう」という感覚だったのでは?
赤腕が一人で餌の台車を押す所を犬アレンが見つめるシーンがあったし。
それに赤腕が「もぉ疲れて動けねぇ~」と寝転んだら、そのまま無理強いせずに引き下がったし。

しかしこの辺、小説3巻は結構和やかに遊んでいたのだけど今回の漫画だとアレンがピリピリしてるなぁ。
まあ何日もご飯が食べられない状況ならのんきに遊んではいられないだろうし、こっちの方がリアルか。


麦畑の夢を見るマナ


「…くるな くるな こっちにくるな」

これ、24巻218夜(カテリーナ死亡時)とすごく似てる…!
218夜のあのシーンって、現実の麦畑で千年伯爵とマナが相対したんじゃなくて、今回の夢みたいに「千年伯爵を恐れるマナの精神世界」だったのかな。
なら「千年伯爵」と「マナ」は別々に存在しているわけじゃなくて文字通り同一人物…?


愛読者アンケート


2019-07-23d.png

今回も大急ぎでアンケートを書いてポストに投函してきました。
巻頭カラー絵の図書カードが110名に当たるアンケートの締め切りは8月21日(水)です!
裏面にこの雑誌の購入理由を選ぶ項目もあるので宜しくお願いします!\(゚∀゚*)/
カテゴリ: 本誌感想  2019/07/23(火)

今回は先行公開が5ページで本編は表紙込みで37ページでした。

前回が先行公開7ページだったから今回は少ないのかな、とちょっと心配していましたがそんな事はありませんでした!良かった!!\(゚∀゚*)/

春号:先行7ページ/表紙1ページ/漫画32ページ
夏号:先行5ページ/表紙2ページ/漫画35ページ


あと今回は巻頭なので、ジャンプBOOKストアの無料試し読みで表紙2ページと漫画部分17ページがタダで読めます。

ジャンプSQ. RISE 2019 SUMMER (ジャンプBOOKストア!)


付録については長くなったので別記事にしました。
ジャンプSQ.RISE 2019年夏号はDグレの下敷き付きです!


表紙とタイトル


2019-07-23b.png

アレンが持っているのはマナの仮面ですね。18巻173夜で被っていたものにおでこの玉が増えてよりピエロマナに近くなっています。目の縦線は左目側になっていますが。

アレン → マナの仮面
クロス → 元々仮面を付けている
千年伯爵 → 伯爵の帽子

三人とも顔を隠すものを持っているんですよね。(ティムもクロスの団服の袖で顔を一部隠している)
「表向きの顔と本音を分けなければいけなかった3人」という感じがして好きです…!
(*´ω`*)


タイトルは「The way of the three」=3つの道。
これはアレン・クロス・千年伯爵の3人が進むそれぞれの道のことでしょうね。表紙アオリが「影と光が綯交じる。 照らされるのは何(いず)れの途(みち)か――。」ですし。


教会に踏み込むクロス


このクロス、後ろ髪を上着の中に入れてますね。帽子が無い状態で赤い長髪だと街中で目立つから?

教会の中には蜘蛛の巣のような糸に捕らわれている神父らしき人。
あれっこの人が付けている首飾りって現在のクロスが付けていた首飾りとほぼ同じものでは??(14巻130夜以降参照)

十字架とその上の丸い飾りの形がちょっと違うから同じものではないかもしれないけど、これだけ似せているなら無関係ということはないのでは…?


「すまん… 来るのが遅すぎた」
「構うな 探しものをみつけろ 友よ…!」


クロスの友達なのこの人?!
まあでもクロウリーの御祖父様も友人だったらしいし友人は多いのかな。教団外でどういう人間関係を築いていたのかすごく気になる。


「クロス・マリアン 伯爵の正体を知る男……」

この蜘蛛型アクマはレベル2か。能力は獲物を捕らえる糸と分身で。
なんでクロスが伯爵の正体を知る男だと知っているんだろう。この時千年伯爵はマナ化・ノア達はネアに殺されて転生タイムラグ中なのに。
あっでもそういえばロードは生きてるんだったっけ。ロードがアクマ達に「クロスを見つけ次第殺せ」と命令しているのかな。


「なぁ神よ 人の命よりも大事なのかね 使命ってのは…」
「あんたはいつだって無言だ」


これは場所が教会だから教会の神様に向けたつぶやきかな。

友人神父の命より使命を優先しろと本人に言われて、頭ではそれが正しいと分かっているけれど感情的に納得がいかないから、返事など返ってこないと分かりつつ神に聞いてしまったのかも。


現状に至るまでの流れ予想


1.アクマ達に「伯爵の正体を知る男(クロス)を殺せ」と命令が下る
2.クロスはマリアの能力で隠れているので見つからない
3.蜘蛛アクマが友人神父を捕まえてクロスをおびき出す
4.気付いたクロスが教会に駆け付けたけれど友人神父はアクマのウイルスで死亡
5.蜘蛛アクマがクロスを殺そうとするも返り討ちにあう

千年伯爵が健在なら4の時点で連絡がいってアクマの大群で総攻撃できたかもしれないけど、現在はマナ化していて居ないから、見つけたアクマがそのまま殺そうとして負ける事しかできないのかも。


神父の十字架の首飾り


クロスが方舟戦以降に身に着けていた十字架の首飾りは「救えなかった友人の形見の首飾り」だった可能性もゼロではないのでは…??
いやデザインが近いだけの別物かもしれませんが!でも偶然にしては似すぎですし別物だったとしても友人神父の事を心の隅に置いていてほしい…!!


子アレンの映像を見るクロス


「十字架を抱く腕… イノセンスか?」

ティムの映像って3D映像じゃなかったのか…。裏から見ると左右反転してる。


「むしろ今の状態のマナにイノセンスを近づければ何が起こるかわからん」

だからクロス本人はマナに近づかないのか!イノセンスを一時でも手放したらアクマに襲われたとき反撃できないし。


「言い換えれば今はハートにとって千年伯爵を破壊する絶好のチャンスってことだ」

えっ現在のマナを殺せば千年伯爵を破壊できるの??
それはつまり、今クロスがマナを殺せば千年伯爵を破壊できるのに敢えてしていないの…?伯爵の破壊よりネア復活の方が優先度が高い…?

伯爵を破壊すれば今回のイノセンス対ノアの戦いはイノセンス側の勝利で終われるけど、ネアが復活してまで狙っているのは「イノセンス側の勝利」や「ノア側の勝利」以上のものだから?


長くなってしまったので後半の感想は別記事に分けます!

次記事⇒ 第233夜 「A.Wに別れを告げる・The way of the three」感想2
カテゴリ: 本誌感想  2019/04/22(月)
ジャンプSQ.RISE春号kindle版は日付が変わって0時13分購入可能になりました!

【kindle】\(゚∀゚*)/====

(読んだ)

(´;ω;`)<辛い


赤腕の過去は小説3巻で知っていたけれど、漫画ならではの演出が増えていてあまりにも辛い……。アレン……。


RISE表紙


2019-04-22a.png

物理書籍も買いました。わー春っぽくて色合いが綺麗!!
この花は白丁花っぽいですね。

参考リンク⇒ ハクチョウゲ(白丁花)とコウチョウゲ(紅鳥花) (サクラのお話し。自然大好き・身近な植物、生物。)

「ジャンプ」と「RISE」の文字の間にあるのはクラウンクラウンの仮面?
文字のない全体図が見たい…!!イラスト集をどうか宜しくお願いします…!!


■追記 (2019年4月24日 22:42)
表紙の花はイングリッシュプリムローズが正解でした!!

■次記事⇒ ジャンプSQ.RISE 2019年春号の事



芸人達に料理を運ぶ赤腕


この時の赤腕は左腕が「ようやく肘が曲げられるくらいしにしか動かせない」(Dグレ小説3巻77ページより引用) から食事を運ぶのも大変そう…。

「わぁ おいしそうですねぇ」
雪だるまいっぱい作ってる!かわいい!文字のフォントも可愛い!犬アレン生きてる…!

マナは皆と離れた所に一人で座っているのに、雪だるまは全部自分を見る方向に配置してるっぽい。無意識にさみしさを埋めようとしてる?

「オイ!!飯はまだかよ赤腕ッ!!」
あっこれコジモ?後で出る髪型に似てる。

遅くなったのは、この芸人に人気がないからだ。食事の優先順位も人気次第。(Dグレ小説3巻98ページより引用)

つまりコジモよりマナの方が人気があるから先に食事を貰えている。


扉絵



華やかな衣装で紙吹雪を受けるマナの反対側にいるボロボロの赤腕(子アレン)。
喝采を受ける花形役者と、誰にも称賛されない雑用係の対比か…。


サーカスの赤腕


「ご来場の皆々様!!」

扉絵の次ページ3コマ目、向かって左側のピエロがマナで右側のピエロがコジモだ!


「もっと力を入れて磨くんだ そんなんじゃあ おれが怒鳴られっちまう」

このお爺さんも服がボロボロだ…。昔は芸人だったけど、年を取って芸ができなくなったから雑用係に落とされたのかな。


「「お疲れさまですコジモさま」って言ってみ?」
「その顔みたいにもっと可愛くこびろよ赤腕ちゃん」
「俺の言う事きいたら優しくしてやるからさ」


コジモ、小説版より嫌らしさが倍増してる…!!「えっコジモってこんなに顔が良かったの?!」と一瞬驚いたけど言動で台無しだよ!!暴力もひどい…。アレンはこの時まだ7歳頃なのに…。読んでて泣きそう…。(´;ω;`)


「まだ客がすべて帰ってないんだぞ 聞こえてしまうだろうが」

つまり「客に知られなければいくらでも暴力を振るってOK」か…。ろくでもない…。


「すみません!赤腕が怠けてたんで注意してたんです」チラッ

「本当の事を言うなよ」って視線で強要してるー!


「おまえは私の所有物なんだよ わかったか赤腕」

赤腕の唇を指で撫でる団長がきもちわるいよー!!!
(((´;ω;`)))
あまりにも理不尽だしこんな人に屈服せざるを得ないなんて辛すぎる…。アレンはこんな所で7歳頃まで育ったのか…。


「オレを売った奴ら買った奴らどいつもこいつもみんな いつか絶対見返してやる!」

見世物小屋からサーカスに買われたのは何歳の時だったのかな。3歳以前のことは覚えておくのが難しいと聞いたことがあるから、売った奴の事を覚えているなら3歳以降?


「つないだ手にキスを」を歌うマナ


でも何だろう あの歌… どこかで聴いた気がする
「!? えっなんだ!? 涙!??」


アレンの中のネアが泣いてるんだよー!
左瞳だけ白くなって涙が出ているのはそこだけ他者の心が出ちゃっている演出かと!


ティムは見ていた。”彼”のすべてを――

クロス元帥がネアの宿主を見つける為に、ティムを使ってマナを監視している時だからね。


232夜はD.Gray-man小説版3巻のお話です


もし未読の方がいらっしゃいましたらおすすめです。漫画の内容がより深く分かりますので!

D.Gray-man reverse 3 Lost Fragment of Snow (Amazon)


アレンの過去話について


前回のタイトルが「序幕」(芝居の最初の幕。比喩的に、物事の初めの段階)だったのは、アレンの赤腕時代のお話が始まるという意味だったのか…!

この分だと小説3巻の赤腕話を最後までやりそうな気がする。内容が多いしDグレ27巻はほぼ赤腕話かな。
本編が進まない…!!いや星野先生の赤腕話もすごく読みたいけれど!!

でもぶっちゃけつらい…!この先は犬アレンが死ぬ話もあるし他にも色々しんどい話が…。読んだら泣いてしまいそう…。(((´;ω;`)))
この話を聞いているのがクロウリーだったら現時点で号泣だよ!!

…………だからこそ、アレンは今まで誰にもこの話をしなかったんだろうなぁ…。
アレンに好意を抱いて感情移入してくれる人であればあるほど、アレンはこの話ができない。いたずらに相手を悲しませてしまうから。

「北米支部での時…… 僕は君の過去をのぞいてしまったんでしたね」
「キミにとって誰にも触れられたくないモノだったんでしょ アルマや”あの人”の事 すみませんでした」
(231夜/アレン)

神田の「誰にも触れられたくない過去」をのぞいてしまったから、その償いの気持ちもあるのだと思う。


そして神田は

「開き直りついでに話せ あの木の文字は何だ おまえの「はじまりの場所」ってどーいう意味だよ」(231夜/神田)

「あの木の文字は〇〇で、「はじまりの場所」は××です」くらいの量を想定してたらいきなりこんな重くて長い話をされて、内心面食らってるんじゃないかな。「情報が多いに越したことはねーんだよ」と言ってしまった手前、省略させる事もできないし。


神田なら赤腕時代の話を聞いても泣かないし、その後の対応を変えたりもしないと思う。現時点でアレンが過去を打ち明けるのに一番いい相手だ…。
カテゴリ: 本誌感想  2019/01/30(水)
付録カレンダー、これはもはやイラスト集では…?
最後の方の2020年カレンダーネア絵はもう知らない人も多いかもしれません。あれはジャンプSQ.2013年12月号アニメイト特典です。
■当時の記録⇒ アニメイト特典のDグレコミックスカバーを貰ってきました

カレンダー絵の出典はキャンピーさんがブログに詳しく書いてくださっています。
第231夜「A.W(アレン・ウォーカー)に別れを告げる・序幕」① (「ティムのしっぽ」 キャンピーさん)


センターカラー


生生流転(せいせいるてん):すべてのものが、生まれて死に、死んで生まれることを繰り返すこと。形を変えて永遠に変化し続けること。
(goo辞書/学研 四字辞典熟語)

見た目の変化:ピエロだった子がエクソシストに成った
心の変化:頑なに心を閉ざしていたアレンが心の内を話してくれるようになった

209夜(2011年11月4日)からリアル時間で7年2か月17日続いた「A.W(アレン・ウォーカー)に別れを告げる」シリーズもこれで一段落なのかな。

■サブタイトル「序幕」
序幕
1 芝居の最初の幕。
2 物事の始まったばかりのところ。「大会の序幕を飾る大熱戦」
(goo辞書)

Σ(゚□゚; ) えっ始まったばかりなの?!
あっ過去の「アレン・ウォーカーに別れを告げ」て、現在のアレンの物語がこれから始まるという意味?
もしくは、”少年時代のアレン・ウォーカー”に別れを告げる話が、アレンの語りによってこれから始まる…? どこまでいくのA.Wシリーズ?!


あと今回のカラーの構図がアレンのバストアップで、「もしかして凝った構図を考える時間がなかったのでは…?」とハラハラしています。ちょうどコミックス作業でお忙しかったでしょうし。26巻も楽しみにしています…!!


マナと秘密の文字


・マナはいつも同じ文字を現在地に描き残していた
・文字の意味は「私はここにいる」
・神さまに見つけてもらえるように沢山描く
・これは僕の秘密の文字


D.Gray-man世界における明確な神は「イノセンス」と「ノア側の神」。

「我々は自らが掲げた「神」で殺し合わねばナラナイ」(22巻201夜/千年伯爵)

マナは≒千年伯爵だから、ここで言う「神さま」はノア側の神?

■「マナ」は千年伯爵が吹っ飛ばした自身の一部(25巻220夜)
「私(千年伯爵の欠片)」はここにいる」とノア側の神に見つけてもらえるよう沢山描く

なぜそんな事を…?失った記憶を取り戻すにはそれしか方法がないと無意識に思っているから?

でも千年伯爵は自らの記憶を潰しているから、ノア関係者にしか分からない文字の報告を受けても無意識に無視しそう。辛すぎて思い出したくないから。


「それって」


「こうして神さまに見えるように沢山描くんです 見つけてもらえるように」
「!! ……っ それって………っ」


・マナは弟を探していたけれどその記憶を失ってしまった(小説3巻172ページ参照)
→マナ「見つけてもらえるように」
→アレン『(弟に)見つけてもらえるように』?!それって弟を探していた事を思い出したの?!
→話をはぐらかされた

こうかな。アレン切ない…。(´・ω・`)


迷子にならないアレン


「キミは最近よく迷子になりますからねぇ
前はそうでもなかったのに…」


アレンの迷子癖って生まれつきのものじゃなかったの?と一瞬思ったけどこれ違うわ!!
このマナの言う「迷子にならない前のアレン」ってサーカスの犬の事だ…!!マナは犬アレンと人間アレンを混同してしまっているから…!!
(´;ω;`)


現在のアレンと神田


「教団ゴーレムってそんな遠くまで飛べるんですか?」
「やったことはねぇがいけるはずだ 数日はかかるだろうがな」


連絡手段があってよかった…!これでジョニー達と合流できる!
せっかくだからついでにリンクも合流してほしい…!


「アポクリフォスのことをキミに話してしまった
バレた以上僕はあなた方を全力で巻き込むことに決めました
やー むしろスッキリしましたよ
こーなったら嫌といわれようがとことん付き合ってもらいますから ははははは」


わーい情報共有できる!!嬉しい!!\(゚∀゚*)/
アポクリフォスの事を知っても神田に咎落ちの前兆は出ないからきっと大丈夫だよ!!


「情報が多いに越したことはねーんだよ」

全くもってその通り!!いいぞ神田!!ありがとう神田!!
ヾ(゚∀゚*)/シ


「そういえば 北米支部での時……僕はキミの過去をのぞいてしまったんでしたね キミにとって誰にも触れられたくないモノだったんでしょ アルマや”あの人”のこと すみませんでした」

ああ―――そこを謝られたら神田はこれ以上追及できない!!
アレンの過去だって「誰にも触れられたくないモノ」かもしれないと思い至ってしまうから!!


「さっきの件ですけど これが終わったら聞いてください」

あっ話してくれるんだね?!ありがとうアレン!!アレンにとって思い出すのも辛い記憶だろうに…!!
(´;ω;`)


神田の質問


Q.「あの木の文字は何だ」
A.マナのおまじない。意味は「私はここにいる」

Q.「おまえの「はじまりの場所」ってどーゆう意味だよ」
A.赤腕の少年が「アレン」になった、はじまりのサーカス

読者側にとっては情報が増えないから、アレンと神田の話は漫画上では省略される可能性があるかも。個人的にはジョニー達と合流するまでのあれこれも知りたいけどどうなるかな…。


アレン達の現在地と元の場所への距離


229夜1ページ目の背景がアントワープ中央駅っぽいからジョニー達がいるのはおそらくベルギー付近。

「南東に飛んでティエドール元帥のゴーレムを探せ」

「エディンストン」という町は見当たらなかったけど、アントワープ中央駅から北西のイギリスを探したら「エドルストン(Eddleston)」があったからアレン達の現在地はここかも。
アントワープ中央駅との距離は約700km。

そして教団ゴーレムの通信範囲は(5巻時点では)10キロ圏内(※「10キロ圏内ならゴーレム同士で居場所が辿れる」(5巻43夜/マリ))だから、だいぶ近くまで行かないと通信できない。

その上で「数日はかかる」なら、教団ゴーレムの時速は15~20kmくらい?
捜索時間を含めての「数日はかかる」ならもっと速いかも。


うーん、でも改めて見返したら「229夜ラスト時点では真夜中→230夜冒頭は早朝」っぽいからもっと時差のある距離じゃないとおかしいかな。


2019-01-30a.png

「次号が楽しみです!!」の思いを込めてアンケート葉書を出してきました。
締め切りは2月21日(木)当日消印有効です。この記事を読まれている方で「そういえばまだ出してなかったなぁ」という人がいらっしゃいましたら宜しくお願いします…!
カテゴリ: 本誌感想  2019/01/24(木)
ずいぶん遅れてしまいましたが何とか書き終わりました230夜感想!


2019-01-24a.png

ジャンプSQ.RISE 2018年秋号はD.Gray-manのクリアファイル付き!

2019-01-24b.png

クリアファイルの裏は表紙絵のラフ画でした。
こういう制作過程絵を見るのが好きだから嬉しい!!(*´ω`*)


表紙


ならぶ心
曲げない決意、譲らない覚悟。


表紙のこれ、字が大きいから一瞬サブタイトルかと思ったけどアオリ文か!
絵はマナの暗号の楽譜の上に、上下に寝転がるアレンと神田。
神田の髪が白くてアレンの髪と一部繋がってる…!
一人きりで閉じ籠っていたアレンの心に神田が侵食していっているという暗喩かな。


ジョニーとティエドール


「いない…っ
 アレンと神田が消えちゃった…!?」
「方舟を使われたか…
 ウォーカーくんはよほど追い詰められてるようだね」


ティエドール元帥めちゃめちゃ落ち着いてる…!アレンが方舟で逃げるのは想定内だったの?
神田が捕まえていてくれるから大丈夫という信頼を感じる。


向き合えないアレン


「ジョニーの奴はもう教団に戻れない
 捕まれば一生監獄暮らしだ」
「向き合おうとしてないのはどっちだ
 北米支部での言葉そのまま返してやるよ」


「北米支部での言葉」はアルマ戦のこれですね。

「……あきれた!
一体何考えてんのかと思ったら キミ 何も考えてませんね?
こんなになったアルマを目の前にして思考に蓋をした…
考えると辛いから!
アルマと正面から向き合おうともしない…っ」

「なに逃げてるんだ神田ッ!!」

(21巻197夜/アレン)

あの時とちょうど逆の構図。
アレンは、ジョニー達が自分のせいで死ぬかもしれないのが怖くて全力で離れようとしているけど、それは「考えると辛いから思考に蓋をした」状態であって理性的な判断じゃない。

いやでも仕方がないんだよ…!!アレンの心の奥底には「自分のせいで大好きなマナを死なせてしまった」という深い傷があるから!
「自分は好きな人を守ることができる」もしくは「敵が強すぎて負けてしまうけど、好きな人より自分の方が先に死ぬ」という状態であればそのトラウマは顔を出さないのだけど。


遂に口を割ったアレン


「アイツは……ッ 師匠とティムを殺した……!!リンクも!
アポクリフォスが殺したんだ…ッ
あのイノセンスはなんでも壊す 記憶も命も
対AKUMA武器なんかじゃない!!
ハートの為なら人もエクソシストも手に掛ける化物だって
そんなこと…ッ
教団のみんなが知ったらどうなると思うんだよ
神の結晶だと信じてたものが」

命や未来まで捧げて…

「イノセンスを信じられなくなったら 教団は 僕らは崩壊してしまう…ッ」


わーやっと全部話してくれた!!神田の粘り勝ち!!\(゚∀゚*)/
強敵に対してまともな対策を練るならやはりまず情報共有しなくちゃね!
あと「命や未来まで捧げて」でクロウリーを回想に混ぜてくれてありがとうアレン…!
ラビとブックマンがこのコマにいないのは、この二人はいずれ教団を抜けるから「未来を捧げて」いないからかな。


Q. 教団のみんなが知ったらどうなると思うんだよ!
A. 今までも咎落ちとかあったしわりと大丈夫では?

リナリーだってレベル4戦で「イノセンスなんて大っきらい」(15巻148夜)と言っていたし。イノセンスを100%信用しているという人の方が少ないんじゃないかな。
「強い武器」としては信じていても「イノセンス」そのものとは対話不能だし。
現代科学で言うと石油の神様が実は悪神だったという感じ?

あっでもエクソシストはイノセンスとシンクロして力を引き出すんだっけ。
イノセンスを信じられなくなったらその分シンクロ率が落ちるとかあるのかな。教団にその辺の実験結果があるなら知りたい。


アポクリフォスの目的


「アポクリフォスが狙ってるのは僕です
僕の体と合体してネアを破壊しようとしてる…」


えっアポさんそんな事一言も言ってないよアレン!?
Σ(゚□゚; )

そもそもアレンの体ごとネアを破壊したいなら合体なんてせずそのまま殺せばいいのに、むしろ助けているし。

「アレンを処刑したりなんてしませんから大丈夫ですよ」
「眠らせるな 眠ったら最期だ 深く取り込まれてアレンが消されてしまう 大丈夫だよ今治してあげるからね」
「みんなアレンを心配しているよ とくに「ハート」の御方がね」

(22巻203夜/アポクリフォス)

その後暴言を吐かれたから怒って殴ろうとはしたけど、あれだって殺そうとしたわけじゃないし。基本的にはネアに取り込まれないよう助けてくれている。

「クラウン・クラウンも望んでいるのだよアレンの為に ワタシとの合体をね!!そうすればもっと強靭な力で「14番目」の記憶を圧さえられる」
「ワタシはおまえを助けようとしているんだよアレン」

(22巻204夜/アポクリフォス)

つまりアポクリフォスは
・ネアに取り込まれてアレンが消えてしまうのは避けたい
・「14番目」の記憶を圧さえたい
・合体すればより強靭な力で圧さえられる

「圧さえる」であって「消す」とか「壊す」じゃない。

アレンと合体して14番目の力を自分のものにするのが目的なのでは?


マナと出会った場所


「英国のエディンストンの街だ
 ここは……マナと出会って 師匠とティムに出会った街……
 「アレン」のはじまりの場所だ……」


おお、ずっと正確な場所が不明だったマナと出会いのサーカス!
よもやここに繋がるとは…!

エディンストンってイギリスのどの辺かなと思って検索したけれど孤島のエディンストン灯台しか引っかからない…!
架空の町?それとも私が知らないだけで19世紀末にはそういう街があったのかな。
カテゴリ: 本誌感想  2018/07/20(金)
■前記事:第229夜 「A.Wに別れを告げる・掩蔽と腹心」感想1

2018-07-20a.png
大急ぎでアンケートとプレゼント応募ハガキを書いて出してきました。
SQ.編集部へ届け私のD.Gray-man票!!無事連載が続きますように!!


アレンが馬車に捕らえられてから現在までの時間の流れ


1.【昼間】アレンとジョニーが元帥の楽園ノ彫刻馬車に捕まる(226夜)

2.物陰で馬車を止めてアレン・ジョニー・神田・元帥が話す(227夜)

3.ティムが粉々になったのを知ってアレンがおとなしくなる(227・228夜)

4.元帥が楽園ノ彫刻馬車で神田を捕まえたふりをして検問を抜ける(229夜回想)

5.【夕方】クロウリーとチャオジーが街に着く(229夜)

6.【夜】元帥がひたすら馬車を走らせている(229夜)

前回の感想を書いた時ちょっと勘違いしていたのですが、改めて以前の話を読み直してみたらこうでした。
なら馬車に捕まったふりの神田のわめき声は、演技かアートオブのどちらか?


ティエドール元帥のお話


「ダメだよちゃんと美しいものを見なきゃ
世界との繋がりを感じられないと人は目的を見失う」


これ「見失う」と言い切っているし、何かの受け売りとかではなくてティエドール元帥の実体験なのでは…?
過去孤立して目的を見失ったけれど、美しいものを見て世界との繋がりを感じて、新しい目的を見つけたとか。


(監査官生きてた…!)
(もしかして今もそこらへんに・・・・!?)


リンクは、アレンが精神世界から帰ってきたのを見届けてから姿を消した(226夜)から、アレン達が元帥の馬車に捕まったのも見ているはずだし今も追っている可能性は高い。こんな見晴らしのいい場所で気付かれずに追うのはだいぶ難しそうだけど。


「それに北米支部でのこと…
ウォーカーくんは第二使徒(神田たち)のために辛い役回りを引き受けてくれたからね」


これはアルマ戦のあれこれと、最後に方舟で神田とアルマを逃がしてくれた(21巻199夜)ことかな。あれはアレンにしかできない辛い役回りだったね…。(´;ω;`)


咎落ちのルール


(教団のみんながアポクリフォスを知れば… アレと対峙したら
エクソシストはイノセンスに疑心を抱くかもしれない
僕や神田が抱いたように)
(イノセンスとの共存ができなくなればエクソシストは咎落ちになる)


えっ疑心を抱いてもそれでイノセンスとの共存ができなくなる事はないのでは?
(´・ω・`)?

神田の腕に咎落ちの前兆が出たのは24巻215夜だけど、それはアポクリフォスを知る前だったし、知った後も前兆が酷くなったという描写は無かったから。

適合者の咎落ち例は6巻のスーマンだけど
・ノアに命乞いをした
・エクソシスト達の位置情報を横流しして甚大な被害を出した
咎落ちポイントはこの辺りか。

そもそもアポクリフォスに疑念を抱きまくっているアレンも咎落ちはしていないし、「適合者がイノセンスの事をどう思っているか」というのは、咎落ちとはあまり関係ないのではないかな。シンクロ率(能力の強さ)には多少影響が出るかもしれないけれど。


一人で追い込まれていくアレン


(連れてくるべきじゃなかった
あの時 おいていくべきだったんだ
なのに僕は 孤独になるのが怖くて…)


アレンの考えがどんどん悪い方向へ行っている…。
ティムが粉々になった罪悪感まで負わないで…!もしアレンが連れて行かなくてもティムはアレンを探して追いかけただろうし。


マナとの思い出


「あんた なんで泣かねぇんだよ」
「涙が枯れちゃってるのかな」
「こいつと一緒に暮らしてたんだろ」


この辺は17巻166夜にある回想だけど

「悲しんだら伯爵がきます」

これだけは違う。これは小説版D.Gray-man3巻174ページのセリフ。

「悲しんだら伯爵が来る」から、悲しいことがあるたびにその感情や記憶を消していたのかな。それならマナが犬アレンのことを忘れてしまったのにも説明が付く。


方舟逃亡


「どうか全部忘れてください 人型イノセンスは僕が回収します」
「ふざけんなよテメェッッ!!」


Σ(゚□゚; ) 方舟で逃げちゃった…!
神田も即座に飛び込んだのか!えらい!有能!!
神田は以前ジョニーに「モヤシにはおまえみたいのが必要なんだよ…」(24巻215夜)と言っていたから無理やりにでも連れて帰ってくれるはず…!アレンの右手首にはまだ電流手錠があるから、ジョニーから離れたら電撃ビリビリだし。(キュイイイイと方舟を起動しているページのアレンの右手首に手錠がある)


…うーん、でもアレンが方舟を出さないと帰れないから、このまま戻らない可能性もある…?
そもそもどこへ行ったんだろう。

・方舟はアレンが行ったことのある場所じゃないと繋げられない(17巻165夜)
「カテリーナ=イヴ=キャンベルという女性を探せ」(25巻222夜/クロス)
「あの屋敷にお前が知りたいものがある」(25巻222夜/クロス)

目的地はキャンベル邸だけど、まだどこにあるか分からない。
ならカテリーナを探すしかないか。でも名前以外何の手掛かりがない。

うーん、私がアレンの立場だったらマザーの所へ行って心当たりがないか聞くかな…。
「クロス師匠 → 女性名 → 愛人? → マザーなら知ってるかも」という連想で。


あっでもよく考えたらアレンは、知らないはずの方舟起動の歌「つないだ手にキスを」を歌えたんだった。(14巻)
ならネアの記憶を引き出して行き先を掴むという可能性もあるかも!
カテゴリ: 本誌感想  2018/07/19(木)
今回は発売日前の先行公開にクロウリーが出たよ!私大勝利!!\(゚∀゚*)/
これはもう日付変更と同時に電子書籍版を購入するしかないね!!


【電子書籍】\(゚∀゚*)/===


Σ\(゜□゜;≡;゜□゜)/あわわわわクロウリー思ったより沢山出てる!!!!


ジャンプSQ.RISE 2018年夏号

というわけで紙の雑誌もバッチリ買ってきました。電子もいいけどやはり紙が一番好き…!


表紙のアオリ文


共に歩もう。現在だけが過去と未来を変えられる。

えっ未来はともかく過去は変えられないのでは?
(´・ω・`)?

「過去悪人だと思っていた人が、様々な事情を知ることで本当は良い人だったという事が分かった」とかかな。出来事そのものは変えられなくても、人が認識する「過去」を変えることはできる。
Aだと思われていた歴史が実はBだったと判明する事だってよくあるし。

「共に歩もう」の相手はティム?
早くまた一緒に歩けるようになるといいね…!(´;ω;`)


クロウリーとチャオジーとサポーターの人達


「つつつ通行車両を全部止めてるのであるか!?」

クロウリーしか驚いていない…!これはクロウリーが比較的新参者で、中央庁の権力がここまでだとは知らなかったから?
エクソシストとしての入団時期はチャオジーも同じだけど、彼は元々教団のサポーターだったし。

「オレはッ!アクマに殺された母の腹から先代の…アニタ様の母君とアニタ様にとり上げられた子ッス」
「おふたりがいなかったらオレはこうして生きちゃいなかった」
「教団のサポーターになったのもおふたりにこの命を使いたかったため」

(13巻126夜/チャオジー)

こんなにサポーター歴が長ければ中央庁の影響力も理解してそう。


「じゃあ1台も外に出してないんスね?」
「はい ウォーカーの目撃情報が出てすぐ封鎖しましたから」
「それ以降で街から出たのはティエドール元帥と神田のみです」


外に出てるー!!Σ(゚□゚; )

な…なんというザル警備…。いや元帥が裏切るなんて普通はありえない事だから、アレン関係の事情を知らないヒラ団員では疑えなくても仕方がないか…。
元帥を見かけたのが中央庁の鴉だったらもっと念入りに調べられただろうなぁ。


「実は我々三人は当初神田保護のためにティエドール元帥のお供でこの街にきてたんですが」

あっ確かにこの三人、24巻217夜で神田を見つけたサポーターの人だ!!


「神田が科学班のギルの逃亡に関わったとかで──」
「……へぇ
オレも神田先輩に会いたかったな 元気でした…?」


えっなんでこんな含みのある言い方をしてるの??「…」が怖い!!
ジョニーの逃亡幇助したから?神田がノアであるアレンの味方に付いたのではと疑ってる?


護送される神田


「楽園ノ彫刻の馬車で護送されていったんですよ神田のやつwwww」
「てめ出せクソ元帥ぶった斬んぞオラァ!!」


この時の神田の声は、226夜を見るに中のアレン達には聞こえていない。元帥の楽園ノ彫刻は防音も完璧なのか…。


「なかは開けないほうがいいよ ユーくん今怒り狂ってるから」

中を見られない為に神田が怒り狂っているフリをしたの?
うーん、でも神田にそんな演技ができるのかな。

1:神田が楽園ノ彫刻の隙間で頑張って怒り狂う演技をした(神田演技派説)

2:神田は楽園ノ彫刻の隙間に隠して「アートオブ神田」に怒り狂っている声を出させた(アートオブ万能説)

3:24巻217夜の後、神田を一旦そこに置いて(見つかると大変だから) 元帥がアレンの所へ行き楽園ノ彫刻で捕獲して馬車を走らせる → その途中で神田を拾って楽園ノ彫刻の隙間に閉じ込める → 神田が出せとわめく → 封鎖を抜けたら出す (説明する暇が無かったから説)


クロウリーの心の中


とある読み書き勉強中のアレン

わーこれアレンがクロウリーに綺麗な字を教わっていた思い出!!
\(゚∀゚*)/
25巻205ページコムイの談話室でその時の様子が話されているので、もしご存じない方がいらっしゃいましたら是非!お読みください!!


(よかった…
アレンはうまく逃げおおせたのかもしれない
どうやったかはさっぱりだが
アレンはよく借金取りから逃げきっていたというからきっと今回もうまく…)


えっどうして逃げおおせたかもしれないと思ったの?先程の会話で、クロウリーにとってアレンが逃げおおせたと思える箇所って無かったような。
「アレンはよく借金取りから逃げきっていたというから」だけが根拠?

方舟戦(11巻104夜)の時の事を考えると「クロウリーはアレンを信じているキャラクター」だから、今回も「アレンの逃亡力を信じている」のかな。

うーん、でも「よかった…」とホッとするには弱いような。
この辺あとで説明があるのかな。あってほしい…!なんでそう思ったの??


(私は臆病者でズルイであるな…)

クロウリーはアレンを捕まえる為に教団から派遣された
→ でもアレンとは戦いたくないから逃げてほしい(227夜)
→ アレンはうまく逃げおおせたのかもしれない
→ よかった、戦わなくてすみそう!
→ 他の者達はちゃんと戦う覚悟があるのに、逃げられてホッとしている私は、戦う覚悟がない臆病者でズルイあるな…

そんなことないよクロウリー!!!!(´;ω;`)
大好きな友達と戦いたくないのは普通だよ!!チャオジーだってもし教団を裏切って逃げたのが生存時のアニタ様だったら戦いたくないって思うはずだもの!!
まあ友達のマオサやキエだったらちょっと分からないけれど。神田先輩の事だってあんなに慕っていたのに、裏切りの疑いが出たら不穏な目を向けているし…。

どうか無事で……の次のコマ。
チャオジーのあの目は、護送された神田を怪しんでいるんじゃないかな。

この後なんだかんだ理由をつけてティエドール元帥の馬車を追うのでは…?それならどうかクロウリーも一緒に連れて行ってください…!!アレンとクロウリーが会えるとしたらもうそのチャンスしかないから!このまま逃げられて終わりだとクロウリーの出番も終わっちゃうし!!!!(本音)


まあ追ったところで会えない可能性も高いのだけど。(´・ω・`)
でも星野先生がわざわざこういう演出を入れたのに、ただ逃げられて終わりというのも考えにくいような。


だいぶ長くなってしまったので続きは次の記事で。


■次記事⇒ 第229夜 「A.Wに別れを告げる・掩蔽と腹心」感想2
カテゴリ: 本誌感想  2018/04/25(水)
新雑誌移籍!!227夜の続きならあわよくばクロウリーが出るかも!!!!

【電子書籍】\(゚∀゚*)/===


___(。_。*) (読んだ)


(´・ω・`) いなかった


ジャンプSQ.RISE創刊号

まあそれはそれとしてせっかくの創刊号だし特典も欲しかったので2冊買いました。
(電子版を含めたら3冊)
特典がDグレだったらもっと買っていたよ!!
次の機会がありましたら宜しくお願いします編集部の方!!

ちなみにD.Gray-manは表紙含めて12ページです。
だから先行公開が1ページしか無かったのか…!


センターカラー


ティムを壊した木片とクロス。肌が灰色っぽいけどこれは光の効果でそう表現されているだけかな。

超人気御礼センターカラー!!

今回のRISEでこの宣伝文句が付いているのはD.Gray-manだけでした。
本当に超人気なの…?大丈夫…?ちゃんとアンケートの票取れてる…??
(´・ω・`)(心配性)

アオリ:遺した者に託す存在

これは「14番目(いなくなる側)が クロス(遺した者)に 託す存在(ティム)」で、
かつ「クロス(いなくなる側)が アレン(遺した者)に 託す存在(ティム)」の
ダブルミーニングですね。


マナのゴーレムおとぎ話


「ゴーレムってわかるか? わかんねぇか」
「わ…わかります……
マナがよくしてくれたお伽話に…
ゴーレムがいつもでてきたから……」
「へぇ……」どんなお伽話だ…


クロスが「どんなお伽話だ」と疑問に思ったという事は、Dグレ世界(仮想19世紀末)において、普通のおとぎ話にゴーレムは出てこない。

つまり「マナがよくしてくれたお伽話」とは、マナの創作おとぎ話?

そして「いつもでてきた」。
ただおとぎ話をするだけなら毎回ゴーレムを入れる必要はないような。

そういえばマナはアレンと旅をしていた時、二人だけが分かる暗号も造っていた。
方舟を動かす楽譜になっていたやつ。

「「楽譜」に描かれてる文字……
 僕とマナが昔ふたりで造った文字なんだ」
「僕とマナだけが読める文字……」
(14巻135夜/アレン)

ゴーレムのおとぎ話もなんらかの意図があったのでは?
ティムをスムーズに受け入れられるように、とか。

まあ別に意図とかは無くて、お母さん(カテリーナ)とか変人のサイラス叔父さん(24巻214夜) が、子供の頃話してくれた創作おとぎ話をアレンにそのまま話しただけかもしれないけれど。


ティムキャンピーという存在


「僕も…ティムキャンピーとともだちになっていいですか……?」
「知らんわ寝ろ!」


アレンが無意識のうちに14番目に近くなっていく(ティムが友達)のにイライラしてる?
14番目になったらアレンが消えちゃうから。


「オレにとっては違う
壊したくてたまらない存在をともだちとはいわねぇだろ」


えっティムを壊したかったの?!なんで??
Σ(゚□゚; )

「ティムがたったひとつ遺された道標なんだねぇ
あんたにとってどれほど疎ましい存在なのか想像もできないけどさ」


たったひとつ遺された貴重な道標なのに疎ましくて壊したい?
クロスは「14番目の協力者」をやっているけど、本当はやりたくないのに仕方なくやっているの…?


「おまえは真理に触れ人の境を越えてしまったんだ」

つまりクロスは、元々は普通の人間だったけど「真理に触れ」ることで人間以上の能力を得た?


「”コーネリアの木片”が
あんたが使命を果たす為の毒のお守りとなるだろう」


コーネリアってキャンベル邸にあった樹か!!
(24巻214夜48ページ参照)

えっあの樹がなんでティムを壊す手段になるの?
クロスが造ったものなのにクロスの力だけでは壊せないの?

うーん、この辺は追加情報待ちだなぁ。
キャンベル邸へ行けば何か分かるかも。


道標とアレンとロザンヌ


その場所があるかどうかも
辿り着けるかどうかもわからない
在るのは道標だけ


道標の表記は「The 14th」「MANA」「CANBELL」。
その下にクロスとティムと子供アレン。

あっよく見たら子供アレンがロザンヌを持ってる!!
(5巻40夜72ページで出た花)
ならこのクロスはクロウリー城に寄ってる!!

25歳くらいのクロウリーがその城に居たんだよー!!
アレン会ってない??遠くから一目だけでも!!


あっでもよく考えたらアレンはクロウリー城の事知らなかったわ…。
ロザンヌはクロスが一人で取りに行ったのかも。
(´・ω・`)


クロス失踪の犯人


クロスを撃つ枢機卿。
えっあれ本当に撃たれてたの?!
Σ(゚□゚; )

いや22巻203夜の回想で銃を突き付けられていたから自然な流れではあるのだけど、クロスがこんな風にやられる様はちょっと想像できていなかったよ私…!!

マリアの幻術じゃなく本当にやられてるっぽい…。
(´;ω;`)

なら襲撃後のクロス発見時(17巻169夜)に、クロスの体が無くなったのは他の誰かが運んだのか…。
一番可能性が高いのはロード?
以前アレンとクロスの夢世界を繋げていたし。

「さぁ それまではねむってなよ クロス・マリアン…」(25巻222夜)

こう言っていたから現在クロスはロードの管理下にいるのかも。


「ふたりの」道標


辿り着けよティム
おまえはなにがあっても 果てまでふたりについて行け

オレにしたように
迷子どもの導になってやれ


「アレンに」でも「14番目に」でもなくて「ふたりに」なんだ…。

「迷子ども」というのはアレンと14番目、ふたりの事か。

アレンが14番目に消されず体を取り戻して、14番目を消すこともなくふたりが一つの体に収まる未来を読んでいたのかな。
「果てまで」というのは「死ぬまで」という意味だろうし。

あっでも「辿り着け」ってどこに?

「迷子の標」は、アレンや14番目が迷う時助けてやれという意味だろうけど。
「辿り着け」という表現は、何かしら明確なゴールがあるという感じがする。
カテゴリ: 本誌感想  2018/04/23(月)
■前記事⇒ 第227夜 「A.Wに別れを告げる・秘密と亡骸」感想1

2018-04-23a.png

クロウリーがいたので保存用と読む用に2冊買いました!


そしてクロウリー部分以外の感想を書きそびれたまま次号が発売されてしまいました…!!Σ(゚□゚; )


センターカラー


色数がとても少ない神田。2色刷り風?
全体が白・赤・茶色でまとめられていて瞳だけ水色。

アオリは「漂い、戦う─ 六幻と共に。

背景が空で雲に乗っているけど、神田の空色の瞳を際立たせるために敢えて他の色数を落としているのかな。
いつかカラーイラスト集第2弾が出たら星野先生ご本人に解説して頂きたい…!!


ジョニーゴーレムの行方


ジョニーのあのもじゃもじゃしたゴーレムは、飛ばしても教団側に探知されない特別製です。(23巻212夜164ページに説明あり)

「何かあったらゴーレムとばせ つったろ  ジョニー」
アレンとジョニーが印刷機の修理で離れる時に言ってますね。
24巻215夜99ページ。(アポクリフォスVS神田の前)

「ゴーレムはとばしたよ」
24巻218夜170ページで間違いなく飛ばしています。

このゴーレムはどうしたかというと、25巻220夜97ページで教団の追っ手の結界装置に捕まりました。
その直後リンクが教団の追っ手をぶっ飛ばして懐に入れたので、ジョニーのゴーレムは現在リンクが持っています。


アレン捜索エクソシストの人選


「あとはじき到着するエクソシストを待って ローラー作戦で虱潰しにあたる気だ」
「エクソシストって…!?」
「アレイスター・クロウリーとチャオジー・ハン」


人を探すのであれば、音での広範囲探知ができるマリか
空からの探索が可能なリナリーの方が適任では…?
あとはティモシーも憑神で空から探せるし。

「アレン確保の為、エクソシストを寄こしてください」と言われたコムイが、本音ではアレンを逃がしたかったから敢えて探索に向かないパワータイプを選んだとか?

まあ単純にこの二人しか今空いていなかったのかもしれないけれど。

あっでもそうか、今コミックスを見返したら

「神田くんがどこ行ったか本ッ当に知らないのかい!?」
「知らない」
(できるだけ急げよ神田 こっちもそう長くはごまかしていられない)

(23巻210夜106ページ)

「このままではマリとリナリーが中央庁に拘留されてしまうかもしれない」
(24巻217夜149ページ)

マリとリナリーは神田の行き先を知っているのに話さなかったから今回選ばれなかったのかも!
情に流されて仲間の逃亡幇助するようなエクソシストが来たら、アレンの事だってわざと逃がすかもしれないし。


守れないアレン


「僕にとって今一番迷惑なのは 僕に関わったせいで傷つかれることなんです!」
「今の僕は誰も守れない」
「自分の始末で精一杯で ふつうの人間のジョニーとか 寿命を削ってる神田とか…っ
そんな壊れやすいもの…自分のそばに置いておきたくないんですよ!!!」


以前のアレンなら来る敵を全部倒して仲間を守れたけど、今はそうじゃないから。
優しいからこそ救いの手をはねのけなくちゃいけないのは辛すぎるよアレン…!
(´;ω;`)

つまり、アレンが守れなくても大丈夫なくらい強くて丈夫な人なら同行可能?
それはもしかしてリンクなのでは?
「アポクリフォス相手でも勝てる人」だと該当者がいなくなっちゃうけど。

(リンクもアトゥーダで自分の生命力を消費しているけど、それはリンク本人が話さない限りアレンには分からないし)


神田の説得


「どうだい神田 人ひとりとちゃんと向き合うのって大変だろう?
これからキミが進もうとしている道はこういう事を御座なりにはできないよ」


「これからキミが進もうとしている道」は元帥になる道か。
24巻217夜ラストで約束したやつ。


「……ジョニー はなせ」
「殴らねぇから 手…はなせ」


今までの神田だったら殴って終わりにしていただろうけど、ちゃんと自分の感情をコントロールして冷静に話せている…!!精神的に成長してるよ神田…!!
神田元帥ってどうなのかと思っていたけど、これはいい元帥になれるかも!!


「おまえ 俺たちに何を隠してる?
人の形をしたイノセンス なんでそんなもんに追われてんだよ」


ここ、神田がすごく大事な話をしてくれているけど、アレンはティムが壊された事のショックが大きすぎて聞けていないのでは…?

ティムの事が落ち着いたらアポクリフォスについての情報共有ができるかな。
独房で初めて戦った時にティキやロードが色々解説してくれていたから(22巻203・204夜)、あれをアレンが覚えていればいいのだけど。
でも合体させられそうになったりクロス師匠襲撃記憶で激高したりしていたから難しいかな…。
カテゴリ: 本誌感想  2018/01/19(金)
今朝の日付変更直後、
電子書籍版購読組の感想を複数チラ見したけれどクロウリーの名が無かったから
(´・ω・`)「クロウリー出ないか…。まあ前回一コマ出たしね。じゃあ眠いしオヤスミ」と安らかに寝ちゃったのですよ。

そして仕事を終え本屋に向かってCROWNを手に取り何気なく中を確認したら!!

Σ(゚□゚; )

クロウリーいるじゃん!!!!


うわああああ不意打ちでビックリしたよ!!ビックリしたよ!!!
Σ(゜□゜;≡;゜□゜)
知ってたら電子書籍版を超速攻で買ったのにー!!
そして開店直後の本屋へ突撃購入しに行ったのに!!!

すごい…誰かの回想とかじゃなくて本物だ…!本物のクロウリーがいる…!!
星野先生の今の絵柄の通常時クロウリーだ…!!
えっ発動してないけど大丈夫?泣かない??
あとなんか耳が丸くなっているような…もっと尖っていたよね…?
発動すると尖るのかな。それとも外見設定自体の変更?

(アレン……
私はアレンと戦いたくはないである)


大事な友達だものね!!!(´;ω;`)
教団の監視の目をうまいこと出し抜くとか、そういう騙しのテクニックは無さそうだしなぁクロウリー…。

(会いたい
会いたいであるが…
会いたくない…!)
(頼む
どうか私たちから逃げてくれ…)


これは一目も会えないまま離れ離れになるフラグ!!
(´;ω;`)

同行者がリナリーであればまだ一目くらいは会える可能性があったけど
アレンに敵意を抱いているチャオジーが同行者でこのセリフ…!!
これは会えないままアレンが逃げおおせてクロウリーがホッとするやつじゃん!!

まあクロウリーまで教団を裏切るわけにはいかないだろうしこれが最適解…?
いや個人的にはアレンと合流してほしいけれど、現在の状況ではアレンの方が連れて行きたがらないだろうしなぁ。

あと寄生型だから、万が一「咎落ち」ルールに引っかかったら怖いし。
(装備型ならイノセンス武器を捨てればOK)(例:17巻171夜のクロス)

せめて一目無事を確認するくらいはできないかな…?いや贅沢が過ぎるか。

アレンの安否を気遣っているエクソシストは他にも沢山いるのに
ここで敢えてクロウリーを出してくださってありがとうございます星野先生!!!!
そしてこの流れなら次号以降、アレン離脱時にもちょっと出てコメントしてくれること確実!!\(゚∀゚*)/

嬉しい…!バレンタインデーは奮発します…!!!!
推しキャラが漫画本編にリアルタイムで登場しているって最高…!!!!
口の端が自然に吊り上がってニコニコしてしまうから明日顔面筋肉痛になるわこれ…!!


なんだか長くなってしまったので他の部分の感想は次の記事で。


■次記事⇒ 第227夜 「A.Wに別れを告げる・秘密と亡骸」感想2