D.Gray-manのクロウリーファンブログです。雑誌の感想などを書いています。(ネタバレは発売日以降)

カテゴリ: 本誌感想  2018/07/20(金)
■前記事:第229夜 「A.Wに別れを告げる・掩蔽と腹心」感想1

2018-07-20a.png
大急ぎでアンケートとプレゼント応募ハガキを書いて出してきました。
SQ.編集部へ届け私のD.Gray-man票!!無事連載が続きますように!!


アレンが馬車に捕らえられてから現在までの時間の流れ


1.【昼間】アレンとジョニーが元帥の楽園ノ彫刻馬車に捕まる(226夜)

2.物陰で馬車を止めてアレン・ジョニー・神田・元帥が話す(227夜)

3.ティムが粉々になったのを知ってアレンがおとなしくなる(227・228夜)

4.元帥が楽園ノ彫刻馬車で神田を捕まえたふりをして検問を抜ける(229夜回想)

5.【夕方】クロウリーとチャオジーが街に着く(229夜)

6.【夜】元帥がひたすら馬車を走らせている(229夜)

前回の感想を書いた時ちょっと勘違いしていたのですが、改めて以前の話を読み直してみたらこうでした。
なら馬車に捕まったふりの神田のわめき声は、演技かアートオブのどちらか?


ティエドール元帥のお話


「ダメだよちゃんと美しいものを見なきゃ
世界との繋がりを感じられないと人は目的を見失う」


これ「見失う」と言い切っているし、何かの受け売りとかではなくてティエドール元帥の実体験なのでは…?
過去孤立して目的を見失ったけれど、美しいものを見て世界との繋がりを感じて、新しい目的を見つけたとか。


(監査官生きてた…!)
(もしかして今もそこらへんに・・・・!?)


リンクは、アレンが精神世界から帰ってきたのを見届けてから姿を消した(226夜)から、アレン達が元帥の馬車に捕まったのも見ているはずだし今も追っている可能性は高い。こんな見晴らしのいい場所で気付かれずに追うのはだいぶ難しそうだけど。


「それに北米支部でのこと…
ウォーカーくんは第二使徒(神田たち)のために辛い役回りを引き受けてくれたからね」


これはアルマ戦のあれこれと、最後に方舟で神田とアルマを逃がしてくれた(21巻199夜)ことかな。あれはアレンにしかできない辛い役回りだったね…。(´;ω;`)


咎落ちのルール


(教団のみんながアポクリフォスを知れば… アレと対峙したら
エクソシストはイノセンスに疑心を抱くかもしれない
僕や神田が抱いたように)
(イノセンスとの共存ができなくなればエクソシストは咎落ちになる)


えっ疑心を抱いてもそれでイノセンスとの共存ができなくなる事はないのでは?
(´・ω・`)?

神田の腕に咎落ちの前兆が出たのは24巻215夜だけど、それはアポクリフォスを知る前だったし、知った後も前兆が酷くなったという描写は無かったから。

適合者の咎落ち例は6巻のスーマンだけど
・ノアに命乞いをした
・エクソシスト達の位置情報を横流しして甚大な被害を出した
咎落ちポイントはこの辺りか。

そもそもアポクリフォスに疑念を抱きまくっているアレンも咎落ちはしていないし、「適合者がイノセンスの事をどう思っているか」というのは、咎落ちとはあまり関係ないのではないかな。シンクロ率(能力の強さ)には多少影響が出るかもしれないけれど。


一人で追い込まれていくアレン


(連れてくるべきじゃなかった
あの時 おいていくべきだったんだ
なのに僕は 孤独になるのが怖くて…)


アレンの考えがどんどん悪い方向へ行っている…。
ティムが粉々になった罪悪感まで負わないで…!もしアレンが連れて行かなくてもティムはアレンを探して追いかけただろうし。


マナとの思い出


「あんた なんで泣かねぇんだよ」
「涙が枯れちゃってるのかな」
「こいつと一緒に暮らしてたんだろ」


この辺は17巻166夜にある回想だけど

「悲しんだら伯爵がきます」

これだけは違う。これは小説版D.Gray-man3巻174ページのセリフ。

「悲しんだら伯爵が来る」から、悲しいことがあるたびにその感情や記憶を消していたのかな。それならマナが犬アレンのことを忘れてしまったのにも説明が付く。


方舟逃亡


「どうか全部忘れてください 人型イノセンスは僕が回収します」
「ふざけんなよテメェッッ!!」


Σ(゚□゚; ) 方舟で逃げちゃった…!
神田も即座に飛び込んだのか!えらい!有能!!
神田は以前ジョニーに「モヤシにはおまえみたいのが必要なんだよ…」(24巻215夜)と言っていたから無理やりにでも連れて帰ってくれるはず…!アレンの右手首にはまだ電流手錠があるから、ジョニーから離れたら電撃ビリビリだし。(キュイイイイと方舟を起動しているページのアレンの右手首に手錠がある)


…うーん、でもアレンが方舟を出さないと帰れないから、このまま戻らない可能性もある…?
そもそもどこへ行ったんだろう。

・方舟はアレンが行ったことのある場所じゃないと繋げられない(17巻165夜)
「カテリーナ=イヴ=キャンベルという女性を探せ」(25巻222夜/クロス)
「あの屋敷にお前が知りたいものがある」(25巻222夜/クロス)

目的地はキャンベル邸だけど、まだどこにあるか分からない。
ならカテリーナを探すしかないか。でも名前以外何の手掛かりがない。

うーん、私がアレンの立場だったらマザーの所へ行って心当たりがないか聞くかな…。
「クロス師匠 → 女性名 → 愛人? → マザーなら知ってるかも」という連想で。


あっでもよく考えたらアレンは、知らないはずの方舟起動の歌「つないだ手にキスを」を歌えたんだった。(14巻)
ならネアの記憶を引き出して行き先を掴むという可能性もあるかも!
カテゴリ: 本誌感想  2018/07/19(木)
今回は発売日前の先行公開にクロウリーが出たよ!私大勝利!!\(゚∀゚*)/
これはもう日付変更と同時に電子書籍版を購入するしかないね!!


【電子書籍】\(゚∀゚*)/===


Σ\(゜□゜;≡;゜□゜)/あわわわわクロウリー思ったより沢山出てる!!!!


ジャンプSQ.RISE 2018年夏号

というわけで紙の雑誌もバッチリ買ってきました。電子もいいけどやはり紙が一番好き…!


表紙のアオリ文


共に歩もう。現在だけが過去と未来を変えられる。

えっ未来はともかく過去は変えられないのでは?
(´・ω・`)?

「過去悪人だと思っていた人が、様々な事情を知ることで本当は良い人だったという事が分かった」とかかな。出来事そのものは変えられなくても、人が認識する「過去」を変えることはできる。
Aだと思われていた歴史が実はBだったと判明する事だってよくあるし。

「共に歩もう」の相手はティム?
早くまた一緒に歩けるようになるといいね…!(´;ω;`)


クロウリーとチャオジーとサポーターの人達


「つつつ通行車両を全部止めてるのであるか!?」

クロウリーしか驚いていない…!これはクロウリーが比較的新参者で、中央庁の権力がここまでだとは知らなかったから?
エクソシストとしての入団時期はチャオジーも同じだけど、彼は元々教団のサポーターだったし。

「オレはッ!アクマに殺された母の腹から先代の…アニタ様の母君とアニタ様にとり上げられた子ッス」
「おふたりがいなかったらオレはこうして生きちゃいなかった」
「教団のサポーターになったのもおふたりにこの命を使いたかったため」

(13巻126夜/チャオジー)

こんなにサポーター歴が長ければ中央庁の影響力も理解してそう。


「じゃあ1台も外に出してないんスね?」
「はい ウォーカーの目撃情報が出てすぐ封鎖しましたから」
「それ以降で街から出たのはティエドール元帥と神田のみです」


外に出てるー!!Σ(゚□゚; )

な…なんというザル警備…。いや元帥が裏切るなんて普通はありえない事だから、アレン関係の事情を知らないヒラ団員では疑えなくても仕方がないか…。
元帥を見かけたのが中央庁の鴉だったらもっと念入りに調べられただろうなぁ。


「実は我々三人は当初神田保護のためにティエドール元帥のお供でこの街にきてたんですが」

あっ確かにこの三人、24巻217夜で神田を見つけたサポーターの人だ!!


「神田が科学班のギルの逃亡に関わったとかで──」
「……へぇ
オレも神田先輩に会いたかったな 元気でした…?」


えっなんでこんな含みのある言い方をしてるの??「…」が怖い!!
ジョニーの逃亡幇助したから?神田がノアであるアレンの味方に付いたのではと疑ってる?


護送される神田


「楽園ノ彫刻の馬車で護送されていったんですよ神田のやつwwww」
「てめ出せクソ元帥ぶった斬んぞオラァ!!」


この時の神田の声は、226夜を見るに中のアレン達には聞こえていない。元帥の楽園ノ彫刻は防音も完璧なのか…。


「なかは開けないほうがいいよ ユーくん今怒り狂ってるから」

中を見られない為に神田が怒り狂っているフリをしたの?
うーん、でも神田にそんな演技ができるのかな。

1:神田が楽園ノ彫刻の隙間で頑張って怒り狂う演技をした(神田演技派説)

2:神田は楽園ノ彫刻の隙間に隠して「アートオブ神田」に怒り狂っている声を出させた(アートオブ万能説)

3:24巻217夜の後、神田を一旦そこに置いて(見つかると大変だから) 元帥がアレンの所へ行き楽園ノ彫刻で捕獲して馬車を走らせる → その途中で神田を拾って楽園ノ彫刻の隙間に閉じ込める → 神田が出せとわめく → 封鎖を抜けたら出す (説明する暇が無かったから説)


クロウリーの心の中


とある読み書き勉強中のアレン

わーこれアレンがクロウリーに綺麗な字を教わっていた思い出!!
\(゚∀゚*)/
25巻205ページコムイの談話室でその時の様子が話されているので、もしご存じない方がいらっしゃいましたら是非!お読みください!!


(よかった…
アレンはうまく逃げおおせたのかもしれない
どうやったかはさっぱりだが
アレンはよく借金取りから逃げきっていたというからきっと今回もうまく…)


えっどうして逃げおおせたかもしれないと思ったの?先程の会話で、クロウリーにとってアレンが逃げおおせたと思える箇所って無かったような。
「アレンはよく借金取りから逃げきっていたというから」だけが根拠?

方舟戦(11巻104夜)の時の事を考えると「クロウリーはアレンを信じているキャラクター」だから、今回も「アレンの逃亡力を信じている」のかな。

うーん、でも「よかった…」とホッとするには弱いような。
この辺あとで説明があるのかな。あってほしい…!なんでそう思ったの??


(私は臆病者でズルイであるな…)

クロウリーはアレンを捕まえる為に教団から派遣された
→ でもアレンとは戦いたくないから逃げてほしい(227夜)
→ アレンはうまく逃げおおせたのかもしれない
→ よかった、戦わなくてすみそう!
→ 他の者達はちゃんと戦う覚悟があるのに、逃げられてホッとしている私は、戦う覚悟がない臆病者でズルイあるな…

そんなことないよクロウリー!!!!(´;ω;`)
大好きな友達と戦いたくないのは普通だよ!!チャオジーだってもし教団を裏切って逃げたのが生存時のアニタ様だったら戦いたくないって思うはずだもの!!
まあ友達のマオサやキエだったらちょっと分からないけれど。神田先輩の事だってあんなに慕っていたのに、裏切りの疑いが出たら不穏な目を向けているし…。

どうか無事で……の次のコマ。
チャオジーのあの目は、護送された神田を怪しんでいるんじゃないかな。

この後なんだかんだ理由をつけてティエドール元帥の馬車を追うのでは…?それならどうかクロウリーも一緒に連れて行ってください…!!アレンとクロウリーが会えるとしたらもうそのチャンスしかないから!このまま逃げられて終わりだとクロウリーの出番も終わっちゃうし!!!!(本音)


まあ追ったところで会えない可能性も高いのだけど。(´・ω・`)
でも星野先生がわざわざこういう演出を入れたのに、ただ逃げられて終わりというのも考えにくいような。


だいぶ長くなってしまったので続きは次の記事で。


■次記事⇒ 第229夜 「A.Wに別れを告げる・掩蔽と腹心」感想2
カテゴリ: 本誌感想  2018/04/25(水)
新雑誌移籍!!227夜の続きならあわよくばクロウリーが出るかも!!!!

【電子書籍】\(゚∀゚*)/===


___(。_。*) (読んだ)


(´・ω・`) いなかった


ジャンプSQ.RISE創刊号

まあそれはそれとしてせっかくの創刊号だし特典も欲しかったので2冊買いました。
(電子版を含めたら3冊)
特典がDグレだったらもっと買っていたよ!!
次の機会がありましたら宜しくお願いします編集部の方!!

ちなみにD.Gray-manは表紙含めて12ページです。
だから先行公開が1ページしか無かったのか…!


センターカラー


ティムを壊した木片とクロス。肌が灰色っぽいけどこれは光の効果でそう表現されているだけかな。

超人気御礼センターカラー!!

今回のRISEでこの宣伝文句が付いているのはD.Gray-manだけでした。
本当に超人気なの…?大丈夫…?ちゃんとアンケートの票取れてる…??
(´・ω・`)(心配性)

アオリ:遺した者に託す存在

これは「14番目(いなくなる側)が クロス(遺した者)に 託す存在(ティム)」で、
かつ「クロス(いなくなる側)が アレン(遺した者)に 託す存在(ティム)」の
ダブルミーニングですね。


マナのゴーレムおとぎ話


「ゴーレムってわかるか? わかんねぇか」
「わ…わかります……
マナがよくしてくれたお伽話に…
ゴーレムがいつもでてきたから……」
「へぇ……」どんなお伽話だ…


クロスが「どんなお伽話だ」と疑問に思ったという事は、Dグレ世界(仮想19世紀末)において、普通のおとぎ話にゴーレムは出てこない。

つまり「マナがよくしてくれたお伽話」とは、マナの創作おとぎ話?

そして「いつもでてきた」。
ただおとぎ話をするだけなら毎回ゴーレムを入れる必要はないような。

そういえばマナはアレンと旅をしていた時、二人だけが分かる暗号も造っていた。
方舟を動かす楽譜になっていたやつ。

「「楽譜」に描かれてる文字……
 僕とマナが昔ふたりで造った文字なんだ」
「僕とマナだけが読める文字……」
(14巻135夜/アレン)

ゴーレムのおとぎ話もなんらかの意図があったのでは?
ティムをスムーズに受け入れられるように、とか。

まあ別に意図とかは無くて、お母さん(カテリーナ)とか変人のサイラス叔父さん(24巻214夜) が、子供の頃話してくれた創作おとぎ話をアレンにそのまま話しただけかもしれないけれど。


ティムキャンピーという存在


「僕も…ティムキャンピーとともだちになっていいですか……?」
「知らんわ寝ろ!」


アレンが無意識のうちに14番目に近くなっていく(ティムが友達)のにイライラしてる?
14番目になったらアレンが消えちゃうから。


「オレにとっては違う
壊したくてたまらない存在をともだちとはいわねぇだろ」


えっティムを壊したかったの?!なんで??
Σ(゚□゚; )

「ティムがたったひとつ遺された道標なんだねぇ
あんたにとってどれほど疎ましい存在なのか想像もできないけどさ」


たったひとつ遺された貴重な道標なのに疎ましくて壊したい?
クロスは「14番目の協力者」をやっているけど、本当はやりたくないのに仕方なくやっているの…?


「おまえは真理に触れ人の境を越えてしまったんだ」

つまりクロスは、元々は普通の人間だったけど「真理に触れ」ることで人間以上の能力を得た?


「”コーネリアの木片”が
あんたが使命を果たす為の毒のお守りとなるだろう」


コーネリアってキャンベル邸にあった樹か!!
(24巻214夜48ページ参照)

えっあの樹がなんでティムを壊す手段になるの?
クロスが造ったものなのにクロスの力だけでは壊せないの?

うーん、この辺は追加情報待ちだなぁ。
キャンベル邸へ行けば何か分かるかも。


道標とアレンとロザンヌ


その場所があるかどうかも
辿り着けるかどうかもわからない
在るのは道標だけ


道標の表記は「The 14th」「MANA」「CANBELL」。
その下にクロスとティムと子供アレン。

あっよく見たら子供アレンがロザンヌを持ってる!!
(5巻40夜72ページで出た花)
ならこのクロスはクロウリー城に寄ってる!!

25歳くらいのクロウリーがその城に居たんだよー!!
アレン会ってない??遠くから一目だけでも!!


あっでもよく考えたらアレンはクロウリー城の事知らなかったわ…。
ロザンヌはクロスが一人で取りに行ったのかも。
(´・ω・`)


クロス失踪の犯人


クロスを撃つ枢機卿。
えっあれ本当に撃たれてたの?!
Σ(゚□゚; )

いや22巻203夜の回想で銃を突き付けられていたから自然な流れではあるのだけど、クロスがこんな風にやられる様はちょっと想像できていなかったよ私…!!

マリアの幻術じゃなく本当にやられてるっぽい…。
(´;ω;`)

なら襲撃後のクロス発見時(17巻169夜)に、クロスの体が無くなったのは他の誰かが運んだのか…。
一番可能性が高いのはロード?
以前アレンとクロスの夢世界を繋げていたし。

「さぁ それまではねむってなよ クロス・マリアン…」(25巻222夜)

こう言っていたから現在クロスはロードの管理下にいるのかも。


「ふたりの」道標


辿り着けよティム
おまえはなにがあっても 果てまでふたりについて行け

オレにしたように
迷子どもの導になってやれ


「アレンに」でも「14番目に」でもなくて「ふたりに」なんだ…。

「迷子ども」というのはアレンと14番目、ふたりの事か。

アレンが14番目に消されず体を取り戻して、14番目を消すこともなくふたりが一つの体に収まる未来を読んでいたのかな。
「果てまで」というのは「死ぬまで」という意味だろうし。

あっでも「辿り着け」ってどこに?

「迷子の標」は、アレンや14番目が迷う時助けてやれという意味だろうけど。
「辿り着け」という表現は、何かしら明確なゴールがあるという感じがする。
カテゴリ: 本誌感想  2018/04/23(月)
■前記事⇒ 第227夜 「A.Wに別れを告げる・秘密と亡骸」感想1

2018-04-23a.png

クロウリーがいたので保存用と読む用に2冊買いました!


そしてクロウリー部分以外の感想を書きそびれたまま次号が発売されてしまいました…!!Σ(゚□゚; )


センターカラー


色数がとても少ない神田。2色刷り風?
全体が白・赤・茶色でまとめられていて瞳だけ水色。

アオリは「漂い、戦う─ 六幻と共に。

背景が空で雲に乗っているけど、神田の空色の瞳を際立たせるために敢えて他の色数を落としているのかな。
いつかカラーイラスト集第2弾が出たら星野先生ご本人に解説して頂きたい…!!


ジョニーゴーレムの行方


ジョニーのあのもじゃもじゃしたゴーレムは、飛ばしても教団側に探知されない特別製です。(23巻212夜164ページに説明あり)

「何かあったらゴーレムとばせ つったろ  ジョニー」
アレンとジョニーが印刷機の修理で離れる時に言ってますね。
24巻215夜99ページ。(アポクリフォスVS神田の前)

「ゴーレムはとばしたよ」
24巻218夜170ページで間違いなく飛ばしています。

このゴーレムはどうしたかというと、25巻220夜97ページで教団の追っ手の結界装置に捕まりました。
その直後リンクが教団の追っ手をぶっ飛ばして懐に入れたので、ジョニーのゴーレムは現在リンクが持っています。


アレン捜索エクソシストの人選


「あとはじき到着するエクソシストを待って ローラー作戦で虱潰しにあたる気だ」
「エクソシストって…!?」
「アレイスター・クロウリーとチャオジー・ハン」


人を探すのであれば、音での広範囲探知ができるマリか
空からの探索が可能なリナリーの方が適任では…?
あとはティモシーも憑神で空から探せるし。

「アレン確保の為、エクソシストを寄こしてください」と言われたコムイが、本音ではアレンを逃がしたかったから敢えて探索に向かないパワータイプを選んだとか?

まあ単純にこの二人しか今空いていなかったのかもしれないけれど。

あっでもそうか、今コミックスを見返したら

「神田くんがどこ行ったか本ッ当に知らないのかい!?」
「知らない」
(できるだけ急げよ神田 こっちもそう長くはごまかしていられない)

(23巻210夜106ページ)

「このままではマリとリナリーが中央庁に拘留されてしまうかもしれない」
(24巻217夜149ページ)

マリとリナリーは神田の行き先を知っているのに話さなかったから今回選ばれなかったのかも!
情に流されて仲間の逃亡幇助するようなエクソシストが来たら、アレンの事だってわざと逃がすかもしれないし。


守れないアレン


「僕にとって今一番迷惑なのは 僕に関わったせいで傷つかれることなんです!」
「今の僕は誰も守れない」
「自分の始末で精一杯で ふつうの人間のジョニーとか 寿命を削ってる神田とか…っ
そんな壊れやすいもの…自分のそばに置いておきたくないんですよ!!!」


以前のアレンなら来る敵を全部倒して仲間を守れたけど、今はそうじゃないから。
優しいからこそ救いの手をはねのけなくちゃいけないのは辛すぎるよアレン…!
(´;ω;`)

つまり、アレンが守れなくても大丈夫なくらい強くて丈夫な人なら同行可能?
それはもしかしてリンクなのでは?
「アポクリフォス相手でも勝てる人」だと該当者がいなくなっちゃうけど。

(リンクもアトゥーダで自分の生命力を消費しているけど、それはリンク本人が話さない限りアレンには分からないし)


神田の説得


「どうだい神田 人ひとりとちゃんと向き合うのって大変だろう?
これからキミが進もうとしている道はこういう事を御座なりにはできないよ」


「これからキミが進もうとしている道」は元帥になる道か。
24巻217夜ラストで約束したやつ。


「……ジョニー はなせ」
「殴らねぇから 手…はなせ」


今までの神田だったら殴って終わりにしていただろうけど、ちゃんと自分の感情をコントロールして冷静に話せている…!!精神的に成長してるよ神田…!!
神田元帥ってどうなのかと思っていたけど、これはいい元帥になれるかも!!


「おまえ 俺たちに何を隠してる?
人の形をしたイノセンス なんでそんなもんに追われてんだよ」


ここ、神田がすごく大事な話をしてくれているけど、アレンはティムが壊された事のショックが大きすぎて聞けていないのでは…?

ティムの事が落ち着いたらアポクリフォスについての情報共有ができるかな。
独房で初めて戦った時にティキやロードが色々解説してくれていたから(22巻203・204夜)、あれをアレンが覚えていればいいのだけど。
でも合体させられそうになったりクロス師匠襲撃記憶で激高したりしていたから難しいかな…。
カテゴリ: 本誌感想  2018/01/19(金)
今朝の日付変更直後、
電子書籍版購読組の感想を複数チラ見したけれどクロウリーの名が無かったから
(´・ω・`)「クロウリー出ないか…。まあ前回一コマ出たしね。じゃあ眠いしオヤスミ」と安らかに寝ちゃったのですよ。

そして仕事を終え本屋に向かってCROWNを手に取り何気なく中を確認したら!!

Σ(゚□゚; )

クロウリーいるじゃん!!!!


うわああああ不意打ちでビックリしたよ!!ビックリしたよ!!!
Σ(゜□゜;≡;゜□゜)
知ってたら電子書籍版を超速攻で買ったのにー!!
そして開店直後の本屋へ突撃購入しに行ったのに!!!

すごい…誰かの回想とかじゃなくて本物だ…!本物のクロウリーがいる…!!
星野先生の今の絵柄の通常時クロウリーだ…!!
えっ発動してないけど大丈夫?泣かない??
あとなんか耳が丸くなっているような…もっと尖っていたよね…?
発動すると尖るのかな。それとも外見設定自体の変更?

(アレン……
私はアレンと戦いたくはないである)


大事な友達だものね!!!(´;ω;`)
教団の監視の目をうまいこと出し抜くとか、そういう騙しのテクニックは無さそうだしなぁクロウリー…。

(会いたい
会いたいであるが…
会いたくない…!)
(頼む
どうか私たちから逃げてくれ…)


これは一目も会えないまま離れ離れになるフラグ!!
(´;ω;`)

同行者がリナリーであればまだ一目くらいは会える可能性があったけど
アレンに敵意を抱いているチャオジーが同行者でこのセリフ…!!
これは会えないままアレンが逃げおおせてクロウリーがホッとするやつじゃん!!

まあクロウリーまで教団を裏切るわけにはいかないだろうしこれが最適解…?
いや個人的にはアレンと合流してほしいけれど、現在の状況ではアレンの方が連れて行きたがらないだろうしなぁ。

あと寄生型だから、万が一「咎落ち」ルールに引っかかったら怖いし。
(装備型ならイノセンス武器を捨てればOK)(例:17巻171夜のクロス)

せめて一目無事を確認するくらいはできないかな…?いや贅沢が過ぎるか。

アレンの安否を気遣っているエクソシストは他にも沢山いるのに
ここで敢えてクロウリーを出してくださってありがとうございます星野先生!!!!
そしてこの流れなら次号以降、アレン離脱時にもちょっと出てコメントしてくれること確実!!\(゚∀゚*)/

嬉しい…!バレンタインデーは奮発します…!!!!
推しキャラが漫画本編にリアルタイムで登場しているって最高…!!!!
口の端が自然に吊り上がってニコニコしてしまうから明日顔面筋肉痛になるわこれ…!!


なんだか長くなってしまったので他の部分の感想は次の記事で。


■次記事⇒ 第227夜 「A.Wに別れを告げる・秘密と亡骸」感想2
カテゴリ: 本誌感想  2017/10/16(月)
ジャンプSQ.CROWN2017年秋号

Σ\(゜□゜;≡;゜□゜)/
クロウリーが!!一コマ!!出ました!!


新規絵です…!!ありがとうございます星野先生…!!
クロウリーの新規絵が漫画本編に載るのは207夜掲載のジャンプSQ.2011年10月号(2011年9月3日発売)以来だから6年1か月13日ぶりです…!!
まだ買えていないけど見たいという方は!今なら!こちらから!読めます!!



センターカラー


オレンジベースで秋っぽい感じ。首元やベストに高そうな刺繍がビッシリ施されてる…!
肌が極端に白いのは、あえて色数を減らすことで全体の統一感を出しているのかな。
スペードエースのカードはラビが7巻64夜日本行きの船で持っていたやつ?!かと思って見返したらデザインが違いました。


サブタイトル


振り仮名は「ライブマン アンド デッドマン」だけど
つづりは「Live man+Dead man」。&じゃなく+になっています。

「&」だったら「生きる男 と 死んだ男」だったけど
「+」なら「生きる男(アレン)+死んだ男(ネア)」で現在のアレンの状態かな。
ネアは体を乗っ取って動いてはいたけど「35年前に殺された」存在だし。


AKUMAの仕組み


AKUMAは生者が死者の魂を呼び戻すことで誕生する

えっなんで突然Dグレ世界設定の話を??と一瞬戸惑ったけど
223夜の復習と「なぜアレンは戻ってこれたか」の説明か!
223夜が載ったCROWNは2016年7月15日発売で単行本にもまだ載ってないから…。

(関連記事⇒ 第223夜 「A.Wをたずねて・To my way」

強い絆があったから、あの麦畑で消えかけていた(死者一歩手前)アレンはジョニー(生者)の呼び声で戻ってこれた。

…というのはひとまず置いておいて。
2ページ目で魔導式ボディにそのまま肉が付いたのがアレンという感じになっているけれど、アレンの骨って魔導式ボディなの…??いや演出の一環ですと言われたらそれまでなのだけど!!
魔導式ボディの全体図は1巻1夜52ページ参照です!!

でも魔導式ボディだったら教団の身体検査で発見されるかな。
それで何も言われていないなら、現在の骨は人間と同じもの?
6巻54・55夜で骨が見えたけど人間の骨と同じ形だったし。

…いやでも1巻5夜で門番にレントゲン検査された時アクマか人間か判別できていなかったから、そういった検査に対して何らかのプロテクトがかけられている可能性もあるかも。

あとは4巻36夜のDの頭蓋骨。
魔導式ボディの頭蓋骨とは形が違うけど、大きなペンタクルがあるしダークマター製なのは間違いないはず。

もしアレンの骨が魔導式ボディなら、ますますAKUMAと同じだ…!

・AKUMAの魔導式ボディは千年伯爵製
 →伯爵が造ったものだと伯爵の自由にできてしまう
  →もしアレンの骨が魔導式ボディなら、それを造ったのはネアかも


アレンを呼んでくれる声


この世界と僕を繋ぐ 絆の呼
あれは──……


思い出される新教団の建物。
そして教団の仲間達!!
でもってめっちゃいい位置にクロウリーがいるー!!!Σ(゚□゚; )

すごいこんな中央近くに新規絵クロウリーが…!しかも扱いが大きい…!!
アジア支部レベル3戦の時、アレンの回想(9巻83夜133ページ)でものすごい端っこだったことを考えるとかなりの進歩!!新教団で字を教えたり(25巻205ページ参照)していたから絆が深まったんだね!!ありがとう!!クロウリーを大きく思い出してくれてありがとうアレン!!\(゚∀゚*)/

そうだよアレンを呼んでいるのはジョニーだけじゃないもの…!
クロウリーは家族無しでアレンとラビが初めての友達なのに、今二人ともいないから人一倍寂しがっているよ…!!
色々難しそうだけど、どうにかしてまた会えますように…!!

…あとこの回想絵、よく見たらラビと神田がいない…?
全員笑顔でまとめているから神田はあえて省かれたのかもしれないけど、ラビがいないのは何故だろう。
何か理由があったりするのかな。


ティキVSアートオブ神田


「第二使徒くんか!」

ティキに突然斬りかかる神田!剣を掴むティキ!!蔓延る植物!!!

こ…この神田が、ティエドール元帥製のアートオブ神田なのか…!!
15巻カバー下で初めて見た時石膏のように固まっていたからそういうものかと思っていたけど、戦闘が可能なくらい動けるものだったとは…!!

普通の蔓ならティキの能力ですり抜けられるけど、イノセンス製の蔓だから解けなかったんだねティキ…!だからティエドールだと分かったのか。


ティキと黒い人


「ネア=D=キャンベルね……
ぜってー正体暴いて 千年公との仲引き裂いてやったら面白そう…」


ティキの目が黒くなっていて真っ黒の人がニヤリとしてる。
この黒い人はジョイドかな。ティキのノア能力の元になっている人。

本当に「ネアと千年公の仲を引き裂いてやりたい」のはジョイドの方で、
少年を捕まえたかったのに邪魔されてムカついたティキの心がそっちに引きずられたのかも。


ティエドールと神田


「乗り心地はどうだったかな?
お尋ね者のアレン・ウォーカーくん」


24巻217夜で神田が言った「あいつらを行かせてやってほしい」というお願いが現在のこれになったのか…!
バレたらまずいし、もっと遠くから援護する形になるかと思っていたよ…!こんな力業で来るとは…!!

ここからすぐ別れるのかな。それとももう少し一緒に行ってくれる?
別れるにしてもできればティムが破壊された事を伝えてあげて…!
そして真っ黒になったティムのかけらも多分持っているはずだからそれをアレンに渡してあげてほしい…!キャンベル邸にはそっくりのウル・キャンピーがいたから!(25巻222夜) あそこなら治せるかもしれないから!!
カテゴリ: 本誌感想  2017/07/14(金)
■前記事⇒ 第225夜 「A.Wをたずねて・CALL2」

「今回の前のお話ってどんなだったの?」という人を見かけました。
これまでのお話はこちらです!!(ダイレクトマーケティング)
電子書籍なら即読めますよ…!未読で気になった方は是非…!!

・ジャンプコミックスD.Gray-man1巻~25巻(222夜まで)
・ジャンプSQ.CROWN2016年夏号(223夜)⇒ 電子書籍(Kindle)
・ジャンプSQ.CROWN2017年冬号(224夜)⇒ 電子書籍(Kindle)(※Dグレは7ページ)

************************************

何度も読み返していたら他にも気になる所が出てきたので感想を少し追加します。

ワイズリーとブックマンの関係


「お前のせいで あの時
結局ブックマンから何も聞き出せなかったんだからさ」


ここの「吐け!!」「ブックマン!!」って、23巻207夜の激高したシェリルかな。
ラビが口端から血を流しているところも同じだしティキも一緒にいた。

1.シェリルが怒ってブックマンズ大ピンチ
2.ワイズリーが止めた
3.そのせいでティキはブックマンから何も聞き出せなかった

こんな感じ?
うーん、でもあれから最低3か月は経っているのに一度止めただけで3カ月ずっと聞き出せないというのもおかしいような。

なら、ワイズリーがブックマンを逃がしてくれたのかな。
それなら3カ月経っても聞き出せていないのとブックマンがキャンベル邸に居たつじつまが合う。

うーん、でもシェリルと喧嘩になってしまいそうだ…。
というかワイズリーが最初から協力してくれていたなら拷問なんてしなくてもブックマンの情報取り放題だったのでは。
ブックマンの情報をバラせない、何らかの事情がワイズリーにあるのかな。


リンク>>フィードラ


「突然あにふるの 痛ひぶっ」

リンクVSフィードラだとリンクの方が強いの?!!
フィードラってラビ・ブックマン・チャオジーの3人と戦って勝てていたのに…?
(遭遇19巻187夜 → 結果22巻200夜)

というかこのまま倒してしまえばチャオジーとラビの寄生蟲も無くなったのでは。

うーん、でもフィードラは身動きが取れない割りに余裕で話しているし。
鴉が捕縛に超特化しているだけで倒すとなるとまた別なのかな。


飲まれかかったティキ


「吐きそうだ」
ティキがこのセリフを思い返した瞬間、ジョイドに飲まれかかっていた?
35年前ジョイドも同じセリフをネアに言われた事があったのかな。


ジョニーから見たアレン、アレンから見たジョニー


「ジョ  ニ  ぼくを  よん  で  くれ  て……」
あっこれ、「ありがとう」だ!!多分!!

ここだぞ ゴールはここだ 俺がずっとアレンを呼ぶから 目印になるから
23巻212夜のジョニーのセリフ。
223夜でも思い出していたけど、あれがアレンから見た世界で
同時刻を外側から見たのが今回の225夜なのかな。

「ジョニー。僕を呼んでくれてありがとう」

途中で意識を失ってしまったけれど本当はこう言いたかったのでは…?
カテゴリ: 本誌感想  2017/07/14(金)
Twitterの予告通りちゃんと34ページある…!!(表紙1枚+漫画33ページ)
良かった…!嬉しい…!やはりD.Gray-manあってこそのCROWN…!!
(´;ω;`)


表紙


ティキとワイズリーとフィードラ。クリアしおりはこの絵だったのか!
ノア単独のカラーって珍しい…!ワイズリー可愛い…!
星野先生作画の「ノア状態フィードラ」カラー絵は今回が初めてのはず。
(人間状態フィードラのカラー絵は25巻裏表紙)


ティキが残った理由


前回、ティキは伯爵とワイズリーをネアから守るように右腕を出していたし
今回のティキの役割は「伯爵とワイズリーが無事帰るための時間稼ぎ」か。

「双子がアポクリフォスを捕獲して待っておる
 長居はするな」


セリフをそのまま受け取ると「【理由】双子が(略)待ってるから」 「長居はするな【忠告】=早めに帰ってこい」だけど、それだけじゃなくてティキを心配して早く帰って来いと言ってくれているのではないかな、
次のページで少し悲しげにティキ(=ジョイド)とネアの因縁を考えているし。


Q.今回の方舟転送はなぜこんなに時間がかかるの?


A.精神状態ボロボロの千年伯爵が転送しているから。

「ノアの方舟の「奏者」の資格があるのは千年公と長子のロードのみ
 お前らには無理だ」
(9巻86夜/スキン)
ノアの方舟を動かせるのは伯爵とロードのみ(14番目とアレンは例外)で、ロードが居ない以上あの方舟転送を行っているのは千年伯爵のはず。


ネアティキそっくり問題の進展


「ワタシから聞かずとも ジョイド おぬしはいずれ思い知るの…」
そして引き摺られ 飲み込まれよう
35年前に… おぬしとノアの因縁に───…」


35年前に因縁が生まれたなら、それを発生させたのは前のジョイドか。

(しかし驚いたのう… ジョイドのあの姿…
まるで あの男に生き写しではないか…)
(19巻187夜/ワイズリー)
ワイズリーが初めて今のティキを見た時、こう驚いていたから
ワイズリーのせいではないはず。

(あの顔は――――…)
「…お前と食事なんて とても無理だよジョイド
転生したお前のその姿……
笑えて 食ったメシをうっかり吐きそうだ」

こんなに拒絶してるしネアの差し金でこうなったわけでもないはず。


■ネアティキそっくり問題・時系列■

【35年前】 1.ネアと前ジョイドの間に何かがあった
       2.ネアは千年公とロード以外のノアを全員殺害
       ↓
【約26年前】3.ティキが生まれる
       ↓
【時期不明】4.ジョイドがティキに取り憑く

・ワイズリーが何かやったせいではない
・ネアの差し金でもない
・ティキは知らない
・千年伯爵も知らない(14番目の顔の記憶は自分で潰した)(25巻219・220夜)
・ロードはこのことをティキに秘密にしたい
「それナイショにしててぇ」(19巻187夜/ロード)

今一番怪しいのは35年前ジョイドとロード?


空中を歩くティキ


「お前が噂の「14番目」ね…」
このティキがネアの元へ向かうシーン、初見の人には何が起こっているか分からないのでは…。
「キン」「キン」という擬音は空気を拒絶して踏みつけている音です。それで階段を上るようにネアの傍へ行っています。
(空気の拒絶で空中に立つのは12巻112夜参照)


ネアの「協力者」と「家族」


「どいつもこいつも「14番目」「14番目」ってさぁ」
「お前ら気安く呼んでくれてるけど
先代のノア共がイヤミでつけたそのあだ名を
オレはまったく気に入ってないって知ってる?」


「14番目」って蔑称だったのか…!!
あっでもネアが勝手に嫌味と捉えてしまっているだけという可能性もある?
ロードも14番目と呼んでいたし。
うーん、ここは35年前が出ないとまだ分からないな…。

「はいお前失格~~~」
これは「家族」失格か。

「そこにいる「協力者」気取りの監査官も
もちろん失格~~~~~」

こっちは「協力者」失格。

「よく覚えとけよボンクラども
オレの名はネア=D=キャンベル
誰を協力者にして誰を家族と思うかはこのオレが決めるんだ」


「協力者」=クロス (223夜「止むを得ず」発言)
「家族」=マナ(千年伯爵)(20巻189夜「兄弟」発言)
      カテリーナ(25巻219夜「オレたちの母さま」発言)

現在の確定はこの三人か。
ティムと35年前アレン(215夜)も協力者?
14巻137夜に出た老人はまだネアからの言及がないし。


Q.ネアは何故イノセンスを発動したの?


A.ティキを倒す為。

ノアであるティキに対して一番有効な攻撃はイノセンスだから。
あとティキの中に潜むジョイドも攻撃したかったのかも。

「咎落ちにでもなったりしたら…っ」
「ご親切にどーも」


咎落ちのことは知っているみたい。
それでも発動しようとした → 咎落ちにならない自信があった?

「咎落ち」はまだルールがよく分からないからなぁ。
イノセンス側を裏切ったら即咎落ちになるというわけでもないみたいだし。
(5巻45夜ではスーマンが目覚めて少し経ってから咎落ちになった)


アレン復活


「ジョ ニ ぼくを よん で」
ここ、直前にネアがイノセンスの力を発動させようとしたから
その分ノアの力が弱まってアレンが出てこれたというのもあるかも。

落ちるアレンに大きな羽が生えたけど、あれはクラウンベルトか。
(イノセンスを帯状に変化させる技)(ファンブック灰色ノ聖櫃25ページ参照)
ジョニーから名を呼ばれる事によってアレンの意識が帰ってこれたからクラウンクラウンを発動できたっぽい。仮面もあるし。

ラスト2コマのリンクの周りに札がたくさんあるけど、これは落下したアレンとジョニーを助けようと出してくれたんじゃないかな。あの札本当に便利だ…。

この後はアレン・ジョニー・リンクの3人でキャンベル邸探し?
14番目じゃなくなっちゃったしリンクはまた姿を消す可能性もあるかな。個人的には一緒に旅をしてほしい…!!

■次記事⇒ 第225夜 「A.Wをたずねて・CALL2」感想2
カテゴリ: 本誌感想  2017/01/20(金)
わあああいDグレが!D.Gray-manが掲載されているよー!!
\(゚∀゚*)/===
前回休載で次号予告が無かったのを見た時はどうしようかと…!嬉しい…!!


___(。_。*) (読んだ)


Σ(゚□゚; )<短ッッ!!?


全7ページだった


えっこれは「元々は普通にページ数があった話」を、前半7ページだけ無理やり掲載する体裁を整えたの…?
タイトルも「CALL1」だし。
元々「CALL」として載せるはずだった話を分割するから数字が振られているとか?

星野先生はまだ本調子じゃないの…?

ああっでも休載よりページ数減でも載っている方が私は嬉しいよ!星野先生の生存確認方法はもうここしか無いのだし!!(´;ω;`)
載ってさえいればアンケートの「1番目によかった」にDグレを入れて応援できるし…!
長期休載中はそれすらもできなかった…!!


「会わせない」 VS 「会いに行く」


もう二度と
千年公と「14番目」を会わせはしないのだ


ただ会って話しただけで千年伯爵の心が壊れそうになっちゃったからね…。
たとえノアの方が戦力で圧倒していても伯爵を壊されたらおしまいだし。妥当な判断だと思うよ。


「またなマナ
次はオレから会いに行く
おまえを破壊しに行くよ」


今度はノア達が全力で守るだろうから難易度が跳ね上がりそう。一人一人倒して千年伯爵の元へ行くの?
ネアは35年前にロード以外の先代ノア達を殺した(19巻187夜)らしいけど、その時の力が今の体でも出せるのかな。


出会ってしまったネアとティキ


ティキがネア(化したアレン)を見た事はあったけど(20巻189夜)
ネアがティキをちゃんと見たのは今回が初めてのはず。

ネア驚いた顔してる?
ネアティキそっくり問題はネアが仕組んだものではなかった…?
いやこの表情だけだとまだ何とも言えないな。
次号…!次号になればネアティキそっくり問題に何らかの回答が得られるかも…!!

ティキはネアを睨んでいるけどまあこれは千年伯爵を守ろうとしているだけかな。右手でガードしてるし。
新しいタバコを吸い始めているから即戦う気は無さそう。吸い終わるまでは会話してくれるかな。会話があるといいな…!!




■続き⇒ ジャンプSQ.CROWN 2017年冬号・漫画以外のDグレ感想
カテゴリ: 本誌感想  2016/07/15(金)
■前記事⇒ ジャンプSQ.CROWN 2016夏号にて遂にクロウリーCROWNデビュー!!

そして漫画本編でもCROWNデビューですよー!!\(゚∀゚*)/

23巻207夜39ページ7コマ目と同じ絵の回想だけど!! でも嬉しい!!繋がってる!!クロウリーの事も思い出してくれてありがとうアレンー!!


アレンの回想シーン


■回想登場キャラ
・リナリー・神田・クロウリー・マリ
・ジョニー(+ジョニーのゴーレム)・リーバー・キャッシュ・ロブ

※左下のシルエットは23巻209夜94ページ4コマ目のジョニー達

このメンツでラビがいない?!Σ(゜□゜;≡;゜□゜)

うーん、でもこれアレンが直接見たシーンじゃないもの多数だから単に載せやすそうなキャラ絵を集めただけかな。特に親しいわけじゃなさそうなキャッシュも入っているし。


精神世界から戻ろうとするアレン


そうだ
AKUMAの魂として利用されてしまうほど 人と人の絆は強い
それはどんな場所にあっても
どんなに離れていても
繋がっているんだ


なるほど、AKUMAにする魂を呼ぶのと同じ仕組みか!
そういえばダークマターにできるのは魂の閉じ込めであって
あの世から呼び戻す事ではないからなぁ。

「魂」を閉じ込める効果のあるダークマター(キャラグレ173ページ)

「クレアと絆のあるあなたの「呼び声」が……………
魂を あの世から呼び戻すことができルv」
(1巻1夜/千年伯爵)

この世にいるジョニー達がアレンに戻ってきてほしいと強く願って
アレン本人も戻りたいと強く願えばアレンの魂?はネアを押しのけて戻って来れる?

というかそもそも現在のアレンにアレン個人の魂はあるのだろうか。
別の魂に発生した自我(アルマやエリアーデのような)ではと思っているのだけど。
今動いているネアだって魂を使っているだろうし。
(13巻131夜以降鏡に映る14番目の影がAKUMAで言う所のダークマターに紐付けられた魂という認識)(アレンの体内のダークマターは4巻36夜のDの頭蓋骨)
※「一つの体に二つの魂」が可能かどうかは不明
 →と思ってたらティモシーの憑依があった!あれは「一つの体に二つの魂」実例?


アタシは進化したアクマの体に発生した ただの自我だもの
「魂」なんて器持ってないのよ
 (12巻108夜/エリアーデ)

もし今現在自我しか無かったとしても絆ある人が強く望めば戻って来れるのかな。
でも現在稼働中のネアをむりやり押しのけるのは難しそうだ…。
アポさんかリンクの術で弱めればいけるかな。


「アレン」の心を呼び戻した実例


19巻182夜 ティモシー編最後の方:神田「バカモヤシ!!」
19巻184夜 マナの夢から目覚めた時:リナリー「アレンくん」
20巻192夜 神田の思念に飲まれそうになった時
 ロード:「思い出してアレン キミはアレン」
21巻198夜 アルマ編で神田に刺されてネア覚醒:マナ「アレン」


その頃のネアとリンク


「「協力者」だといえばホイホイ受け入れると思ったら大間違いなんだよ」

えっ断るの?こんなにおいしい話なのに?
まあでも確かに都合が良すぎて不気味か。

「クロス・マリアンは人間では?」
「アレは止むを得ずだっ」


クロスは人間なのか…!人外でも違和感ないよ!

「ティムキャンピーは先刻 それに破壊されました」
「なに…!?」


おお、動揺してる!
ネアの目的を果たす為にティムは必須なのかな。
ならティムを元に戻すまではリンクと同行?


フィードラ強襲


・舌に目がたくさん付いている
・お腹に口がある(キャラグレ183ページのイラストには無し)
・お腹の口で喋っている

フィードラのノア能力って何だろう?

体内に病原菌を持っているノア(キャラグレ183ページ記載)
25巻219夜:舌でジャスデビの音声連絡を受信
22巻202夜:舌の目玉は分離できる
23巻207夜:人間の体内に寄生蟲(目玉)を仕込んで見張れる


自らの肉体に、自由に目や耳や口などの肉体機能や病原菌を付与・分離(遠隔操作可)することができる能力かな?

「千年公ぉはなせぶううう」
「今の一撃で離してしまいましたよ」


まだ捕縛中だったのか!えっじゃあノアの攻撃が無ければもっと長時間いけたの?
ネアの事で混乱中とはいえラスボス相手なのに!!

千年伯爵の開放が目的なら、もう放されたしこのバトルはこれで終わりかな。


千年伯爵とワイズリー


ロードが健在ならこのお迎え役はロードだったんだろうなぁ。
優しく抱きしめるシーンが家族の愛を感じてとても好き。

「ネアは…狂っていマス…v 彼は壊れテイマス……ッ」

あっこれアルマ編の時ネアも似たような事言ってたなぁ。

「狂ッテル 千年伯爵ハ狂ッテル
スベテヲ忘却シ 破壊人形ト ナリ果テタ」
(21巻198夜/ネア)

ネアと千年伯爵は両方狂ってる?
「狂う」と言っても正気を失っているわけではないから(伯爵はたまに失ってるけど) 誕生当初の制作目的から外れていっている感じなのかな。

「ソシテ「アレン」オマエモ
狂ッタ人形二ナッテシマッタ」
(21巻198夜/ネア)

直後にアレンの事もこう言われていたし。


ノアの家へ帰ろう


「我が輩はマナなんかじゃないのデス…マナじゃ…」
「帰るのう千年公 ベットでしばし眠れば気分も良くなるのだ」


「マナなんかじゃない」をワイズリー否定してない…!!
まあ元々マナだった事があるのは確定だろうしなぁ。

「「マナ」…? どこかで聞いたことがあるような…」

おお、ティキとマナに何かしら繋がりが?!
ネアティキ顔そっくり問題に繋がるのかな。楽しみ!!

「方舟に帰ろう 迷子は終いだ 我らの家へ」

これでノア達は一旦退場か。
あれっアポさんを捕まえたままだったよね確か。一緒に連れ帰っちゃうの?
ハートの手がかりであるアポさんがノアに捕えられてるってまずくないか?!

うーん、でも正直言って捕まえたジャスデビ達よりアポさんが弱いとは思えない…。
ノアの方舟へ行く為にわざと捕まったふりをしているのかな。
もしかしたらそこにラビがいるかもしれないから何かのドサクサでノア達から逃がしてあげてほしい…!!
(※ブックマンは旧キャンベル邸)(25巻222夜)