D.Gray-manのクロウリーファンブログです。雑誌の感想などを書いています。(ネタバレは発売日以降)

D.Gray-man 今後の予定
カテゴリ: スポンサー広告  --/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ: 本誌感想  2018/04/25(水)
新雑誌移籍!!227夜の続きならあわよくばクロウリーが出るかも!!!!

【電子書籍】\(゚∀゚*)/===


___(。_。*) (読んだ)


(´・ω・`) いなかった


ジャンプSQ.RISE創刊号

まあそれはそれとしてせっかくの創刊号だし特典も欲しかったので2冊買いました。
(電子版を含めたら3冊)
特典がDグレだったらもっと買っていたよ!!
次の機会がありましたら宜しくお願いします編集部の方!!

ちなみにD.Gray-manは表紙含めて12ページです。
だから先行公開が1ページしか無かったのか…!


センターカラー


ティムを壊した木片とクロス。肌が灰色っぽいけどこれは光の効果でそう表現されているだけかな。

超人気御礼センターカラー!!

今回のRISEでこの宣伝文句が付いているのはD.Gray-manだけでした。
本当に超人気なの…?大丈夫…?ちゃんとアンケートの票取れてる…??
(´・ω・`)(心配性)

アオリ:遺した者に託す存在

これは「14番目(いなくなる側)が クロス(遺した者)に 託す存在(ティム)」で、
かつ「クロス(いなくなる側)が アレン(遺した者)に 託す存在(ティム)」の
ダブルミーニングですね。


マナのゴーレムおとぎ話


「ゴーレムってわかるか? わかんねぇか」
「わ…わかります……
マナがよくしてくれたお伽話に…
ゴーレムがいつもでてきたから……」
「へぇ……」どんなお伽話だ…


クロスが「どんなお伽話だ」と疑問に思ったという事は、Dグレ世界(仮想19世紀末)において、普通のおとぎ話にゴーレムは出てこない。

つまり「マナがよくしてくれたお伽話」とは、マナの創作おとぎ話?

そして「いつもでてきた」。
ただおとぎ話をするだけなら毎回ゴーレムを入れる必要はないような。

そういえばマナはアレンと旅をしていた時、二人だけが分かる暗号も造っていた。
方舟を動かす楽譜になっていたやつ。

「「楽譜」に描かれてる文字……
 僕とマナが昔ふたりで造った文字なんだ」
「僕とマナだけが読める文字……」
(14巻135夜/アレン)

ゴーレムのおとぎ話もなんらかの意図があったのでは?
ティムをスムーズに受け入れられるように、とか。

まあ別に意図とかは無くて、お母さん(カテリーナ)とか変人のサイラス叔父さん(24巻214夜) が、子供の頃話してくれた創作おとぎ話をアレンにそのまま話しただけかもしれないけれど。


ティムキャンピーという存在


「僕も…ティムキャンピーとともだちになっていいですか……?」
「知らんわ寝ろ!」


アレンが無意識のうちに14番目に近くなっていく(ティムが友達)のにイライラしてる?
14番目になったらアレンが消えちゃうから。


「オレにとっては違う
壊したくてたまらない存在をともだちとはいわねぇだろ」


えっティムを壊したかったの?!なんで??
Σ(゚□゚; )

「ティムがたったひとつ遺された道標なんだねぇ
あんたにとってどれほど疎ましい存在なのか想像もできないけどさ」


たったひとつ遺された貴重な道標なのに疎ましくて壊したい?
クロスは「14番目の協力者」をやっているけど、本当はやりたくないのに仕方なくやっているの…?


「おまえは真理に触れ人の境を越えてしまったんだ」

つまりクロスは、元々は普通の人間だったけど「真理に触れ」ることで人間以上の能力を得た?


「”コーネリアの木片”が
あんたが使命を果たす為の毒のお守りとなるだろう」


コーネリアってキャンベル邸にあった樹か!!
(24巻214夜48ページ参照)

えっあの樹がなんでティムを壊す手段になるの?
クロスが造ったものなのにクロスの力だけでは壊せないの?

うーん、この辺は追加情報待ちだなぁ。
キャンベル邸へ行けば何か分かるかも。


道標とアレンとロザンヌ


その場所があるかどうかも
辿り着けるかどうかもわからない
在るのは道標だけ


道標の表記は「The 14th」「MANA」「CANBELL」。
その下にクロスとティムと子供アレン。

あっよく見たら子供アレンがロザンヌを持ってる!!
(5巻40夜72ページで出た花)
ならこのクロスはクロウリー城に寄ってる!!

25歳くらいのクロウリーがその城に居たんだよー!!
アレン会ってない??遠くから一目だけでも!!


あっでもよく考えたらアレンはクロウリー城の事知らなかったわ…。
ロザンヌはクロスが一人で取りに行ったのかも。
(´・ω・`)


クロス失踪の犯人


クロスを撃つ枢機卿。
えっあれ本当に撃たれてたの?!
Σ(゚□゚; )

いや22巻203夜の回想で銃を突き付けられていたから自然な流れではあるのだけど、クロスがこんな風にやられる様はちょっと想像できていなかったよ私…!!

マリアの幻術じゃなく本当にやられてるっぽい…。
(´;ω;`)

なら襲撃後のクロス発見時(17巻169夜)に、クロスの体が無くなったのは他の誰かが運んだのか…。
一番可能性が高いのはロード?
以前アレンとクロスの夢世界を繋げていたし。

「さぁ それまではねむってなよ クロス・マリアン…」(25巻222夜)

こう言っていたから現在クロスはロードの管理下にいるのかも。


「ふたりの」道標


辿り着けよティム
おまえはなにがあっても 果てまでふたりについて行け

オレにしたように
迷子どもの導になってやれ


「アレンに」でも「14番目に」でもなくて「ふたりに」なんだ…。

「迷子ども」というのはアレンと14番目、ふたりの事か。

アレンが14番目に消されず体を取り戻して、14番目を消すこともなくふたりが一つの体に収まる未来を読んでいたのかな。
「果てまで」というのは「死ぬまで」という意味だろうし。

あっでも「辿り着け」ってどこに?

「迷子の標」は、アレンや14番目が迷う時助けてやれという意味だろうけど。
「辿り着け」という表現は、何かしら明確なゴールがあるという感じがする。

スポンサー広告 の関連記事

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。