D.Gray-manのクロウリーファンブログです。雑誌の感想などを書いています。(ネタバレは発売日以降)

D.Gray-man 今後の予定
カテゴリ: スポンサー広告  --/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ: Dグレ関連商品  2018/04/30(月)
■前記事:ジャンプ50周年缶バッジvol.2とゲーセン景品の話

2018-04-30a.png

ジャンプ50周年缶バッジvol.3 (とるナビ)

4月27日金曜日、
ラビバッジを取る為にゲームセンターへ行ってきました!


2018-04-30b.png

前回と同じく大阪のセガワールド枚方です。1プレイ100円。
上部に50周年缶バッジの宣伝が貼ってあって嬉しい…!前回(vol.2)はヒロアカ缶バッジの宣伝だったから…!


2018-04-30c.png

今回のバッジの配置はこんな感じです。


2018-04-30d.png

一番上の段、真ん中辺りにラビがいます!よーし頑張って取るぞ!


2018-04-30e.png

そして上から3段目、真ん中辺りにvol.1のアレンがいます。
あれっこの段全部vol.1だ?!売れ残りなの??
Σ(゚□゚; )


2018-04-30f.png

無事落として取れましたー!!\(゚∀゚*)/


ゲーセンの店員さんに質問


今回はゲーセンの店員さんに色々質問してご回答を頂きました。

vol.1~vol.3の缶バッジはどれも同じ数入荷されている
バッジを吊り下げる部分が長いのは店員さんの切り忘れ
(吊り下げる部分はデフォルトだと長くて、設置時に切る)
人気キャラだから長くするという事はない

しかし、その後別の店員さんに次のラビバッジを出してもらったら吊り下げる部分は切らずにそのままでした。(指摘してもこれはこういうものだからとそのまま)
どうもこの辺は店員さんによって認識に違いがあるようです。

ちなみにこの吊り下げる部分が長いままだと、あと一歩で落とせるくらいの時、下のバッジに引っかかります。なのでその都度店員さんを呼んで下のバッジの位置を変えてもらわないといけません…。
(´;ω;`)

バッジは、ラビをもう一つとついでにアレンも取りました。
vol.2の神田も在庫があるか聞きましたがありませんでした。


2018-04-30g.png
(※ラビバッジを出してもらった時に店員さんがカゴの位置を変えました)

vol.3の缶バッジの在庫がたくさんあります。
初日だから当然なのですが、vol.2の時だって初日に来たのに在庫がほぼ無かったんですよね。
(´・ω・`)?


めちゃくちゃ取りそうな人がいた


一度帰りかけたのですが
「このゲーセンに来るのは今日が最後だし、せっかくだからもう一つ取っておこうかなぁ」
と思い直して50周年缶バッジの台に戻ってきたら、男女の二人組が入念に台の調子をチェックしていました。
横から見たり前から見たりしながら真剣に相談しています。

私が後ろに並んだのに気付くと、順番を譲ってくださいました。

「えっ私下手だから取るのに時間がかかりますし後で大丈夫ですよ!」
男性 「いや俺らも時間かかるんでお先にどうぞ!」

お二人とも朗らかで、快く譲ってくださいました…!!
や、優しい…!ありがたい…!!


店員さんを呼んでラビを出してもらい、大急ぎでゲット。


その後、後ろの休憩用椅子に座りながら50周年缶バッジの台を見ていたのですが
先程の男女二人組がすごい勢いでバッジをどんどん取っていきます…!

景品が少なくなったら店員さんを呼んで補充。
ラビのバッジも出してくれと言っていましたが、それはもう品切れでした。
私が取ったやつで最後だったのか!!
Σ(゚□゚; )


30分くらい様子を見ていましたが、延々と取り続けていました。
前回vol.2がとても少なかったのは、私が行く前にこういう人がいらっしゃったのかもしれません。


帰宅して記念撮影


2018-04-30h.png

何はともあれ、無事入手できて良かったです!
\(゚∀゚*)/
このラビは5巻37夜VSクロウリー戦の絵だから特に欲しかったんですよね。


Dグレを含むジャンプ50周年プライズ商品はおそらくこれで終わりです。
まだ4月ですし、年末までだいぶあるのでその間に何か別の景品が発表される可能性もゼロではありませんが。

もし次があるならまたDグレを入れてほしいな…!
ゲームセンターは自主的に行く場所ではないけれど、そこにD.Gray-man関連グッズがあるなら(そして取れそうなら)頑張って行きます!

スポンサー広告 の関連記事

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。