D.Gray-manのクロウリーファンブログです。雑誌の感想などを書いています。(ネタバレは発売日以降)

D.Gray-man 今後の予定
カテゴリ: スポンサー広告  --/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ: 本誌感想  2018/07/20(金)
■前記事:第229夜 「A.Wに別れを告げる・掩蔽と腹心」感想1

2018-07-20a.png
大急ぎでアンケートとプレゼント応募ハガキを書いて出してきました。
SQ.編集部へ届け私のD.Gray-man票!!無事連載が続きますように!!


アレンが馬車に捕らえられてから現在までの時間の流れ


1.【昼間】アレンとジョニーが元帥の楽園ノ彫刻馬車に捕まる(226夜)

2.物陰で馬車を止めてアレン・ジョニー・神田・元帥が話す(227夜)

3.ティムが粉々になったのを知ってアレンがおとなしくなる(227・228夜)

4.元帥が楽園ノ彫刻馬車で神田を捕まえたふりをして検問を抜ける(229夜回想)

5.【夕方】クロウリーとチャオジーが街に着く(229夜)

6.【夜】元帥がひたすら馬車を走らせている(229夜)

前回の感想を書いた時ちょっと勘違いしていたのですが、改めて以前の話を読み直してみたらこうでした。
なら馬車に捕まったふりの神田のわめき声は、演技かアートオブのどちらか?


ティエドール元帥のお話


「ダメだよちゃんと美しいものを見なきゃ
世界との繋がりを感じられないと人は目的を見失う」


これ「見失う」と言い切っているし、何かの受け売りとかではなくてティエドール元帥の実体験なのでは…?
過去孤立して目的を見失ったけれど、美しいものを見て世界との繋がりを感じて、新しい目的を見つけたとか。


(監査官生きてた…!)
(もしかして今もそこらへんに・・・・!?)


リンクは、アレンが精神世界から帰ってきたのを見届けてから姿を消した(226夜)から、アレン達が元帥の馬車に捕まったのも見ているはずだし今も追っている可能性は高い。こんな見晴らしのいい場所で気付かれずに追うのはだいぶ難しそうだけど。


「それに北米支部でのこと…
ウォーカーくんは第二使徒(神田たち)のために辛い役回りを引き受けてくれたからね」


これはアルマ戦のあれこれと、最後に方舟で神田とアルマを逃がしてくれた(21巻199夜)ことかな。あれはアレンにしかできない辛い役回りだったね…。(´;ω;`)


咎落ちのルール


(教団のみんながアポクリフォスを知れば… アレと対峙したら
エクソシストはイノセンスに疑心を抱くかもしれない
僕や神田が抱いたように)
(イノセンスとの共存ができなくなればエクソシストは咎落ちになる)


えっ疑心を抱いてもそれでイノセンスとの共存ができなくなる事はないのでは?
(´・ω・`)?

神田の腕に咎落ちの前兆が出たのは24巻215夜だけど、それはアポクリフォスを知る前だったし、知った後も前兆が酷くなったという描写は無かったから。

適合者の咎落ち例は6巻のスーマンだけど
・ノアに命乞いをした
・エクソシスト達の位置情報を横流しして甚大な被害を出した
咎落ちポイントはこの辺りか。

そもそもアポクリフォスに疑念を抱きまくっているアレンも咎落ちはしていないし、「適合者がイノセンスの事をどう思っているか」というのは、咎落ちとはあまり関係ないのではないかな。シンクロ率(能力の強さ)には多少影響が出るかもしれないけれど。


一人で追い込まれていくアレン


(連れてくるべきじゃなかった
あの時 おいていくべきだったんだ
なのに僕は 孤独になるのが怖くて…)


アレンの考えがどんどん悪い方向へ行っている…。
ティムが粉々になった罪悪感まで負わないで…!もしアレンが連れて行かなくてもティムはアレンを探して追いかけただろうし。


マナとの思い出


「あんた なんで泣かねぇんだよ」
「涙が枯れちゃってるのかな」
「こいつと一緒に暮らしてたんだろ」


この辺は17巻166夜にある回想だけど

「悲しんだら伯爵がきます」

これだけは違う。これは小説版D.Gray-man3巻174ページのセリフ。

「悲しんだら伯爵が来る」から、悲しいことがあるたびにその感情や記憶を消していたのかな。それならマナが犬アレンのことを忘れてしまったのにも説明が付く。


方舟逃亡


「どうか全部忘れてください 人型イノセンスは僕が回収します」
「ふざけんなよテメェッッ!!」


Σ(゚□゚; ) 方舟で逃げちゃった…!
神田も即座に飛び込んだのか!えらい!有能!!
神田は以前ジョニーに「モヤシにはおまえみたいのが必要なんだよ…」(24巻215夜)と言っていたから無理やりにでも連れて帰ってくれるはず…!アレンの右手首にはまだ電流手錠があるから、ジョニーから離れたら電撃ビリビリだし。(キュイイイイと方舟を起動しているページのアレンの右手首に手錠がある)


…うーん、でもアレンが方舟を出さないと帰れないから、このまま戻らない可能性もある…?
そもそもどこへ行ったんだろう。

・方舟はアレンが行ったことのある場所じゃないと繋げられない(17巻165夜)
「カテリーナ=イヴ=キャンベルという女性を探せ」(25巻222夜/クロス)
「あの屋敷にお前が知りたいものがある」(25巻222夜/クロス)

目的地はキャンベル邸だけど、まだどこにあるか分からない。
ならカテリーナを探すしかないか。でも名前以外何の手掛かりがない。

うーん、私がアレンの立場だったらマザーの所へ行って心当たりがないか聞くかな…。
「クロス師匠 → 女性名 → 愛人? → マザーなら知ってるかも」という連想で。


あっでもよく考えたらアレンは、知らないはずの方舟起動の歌「つないだ手にキスを」を歌えたんだった。(14巻)
ならネアの記憶を引き出して行き先を掴むという可能性もあるかも!

スポンサー広告 の関連記事

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。