D.Gray-manのクロウリーファンブログです。Dグレ情報を集めています。(ネタバレは発売日以降)

D.Gray-man 今後の予定
カテゴリ: 細かい部分の予想  2009/01/10(土)

何よりブックマン(人物名)が承知しないでしょうね。ラビに今までの名を全部捨てさせてますし。(その名で振り向いたら殴るくらい)(12巻114夜)
思い出の品とかも全部捨てさせてそうです。
おそらく持って行けるのは、護身術を含めた「ブックマンに必要な情報」のみ。
ラビもブックマンも、クロウリーの腕輪のような「いつも持っている大事な品」は無いようですし。

コメントレス 「ブックマン」が心を移さないのは


…前にこう書いたのだけど、よく見たらラビは思い出の品を持ってたよ!!
なんてこった!!ごめんなさいうっかりしてました!!


7巻64夜、スペードエースのトランプ。


「僕の落し物…
 ブックマンに黙ってずっと持っててくれたんですね」

(13巻119夜)

これはラビの想像のアレンの言葉か、ロードの言葉だろうけど
「ブックマンに黙って」と敢えて言及されるという事はやはり
ブックマンにその事がばれたら捨てろと言われるから黙っていたのかもしれない。

アレンは無事帰ってきたんだからあのトランプはもう返すべきなんだろうけど
ラビはちゃんと返しているんだろうか。
江戸での合流から方舟戦までは全然余裕がなかったから
返してなくても仕方がないけど、教団に帰ってからならもう返してるかな。

でもアレンのトランプはロウファ達がスペードのエースを足してくれたから
もういらないですよと言われてるかもしれない。
だったらやっぱりあのスペードのエースはまだラビが持っているのだろうか。
ブックマンには秘密で。

9巻ラストで、ロウファ達が足りないカードを新たに作ってくれたエピソードが
初めて読んだ時にほんの少しだけ違和感を感じたのだけど
もしかしたらこの辺は今後ラビの話を展開する時、伏線になるのかもしれない。


まあ気のせいかもしれないけれど。トランプのエピソードは現時点で既に伏線回収済みと見てよい状態だし。
でも個人的にはこの辺でもうちょっとだけ引っ張ってほしいかな。


トラックバック