D.Gray-manのクロウリーファンブログです。Dグレ情報を集めています。(ネタバレは発売日以降)

D.Gray-man 今後の予定
カテゴリ: Dグレ関連商品  2009/06/12(金)
今現在のDグレ人気があまりにも心配だったので
コミックスのオリコンランキングを見に行ってみた。

→ コミック週間ランキング (ORICON STYLE)

18巻は現在3位。
おお…さすがコミックス派の多いD.Gray-man!!かなり上位で嬉しい!!


ジャンプ漫画の売り上げ部数抜き書き(今週初登場のみ)


・ONE PIECE 54巻   1171142部
・BLEACH 39巻       532553部
・D.Gray-man 18巻     300630部
・バクマン。 3巻        200369部
・To LOVEる 14巻     134424部 (106207部+28217部(DVD付き限定版))
・ぬらりひょんの孫 5巻    95884部
・SKET DANCE 8巻    57542部
・PSYREN 6巻        47028部

同じジャンプ作品なのにものすごい差だ…。
ワンピは54巻という大台なのに一週目で100万部ってとんでもなさすぎる。
Dグレは、これだけ初週売り上げがあればまだジャンプに在籍していられるかな。


D.Gray-manコミックス初週売り上げ抜き書き


・D.Gray-man 15巻  387543部 
・D.Gray-man 16巻  359587部 
・D.Gray-man 17巻  341043部 
・D.Gray-man 18巻  300630部

…じわじわ落ちてる…!!

内容が落ちてるとは思えないのに…。15巻のレベル4戦も16・17巻の黒の教団壊滅事件編も18巻の怪盗G編もそこまで差があるようには見えない。好意補正無しで考えてみても。
(好意補正を入れると17巻がぶっちぎりトップです。全巻トータルなら11巻)

ううむ…。

こないだ話したDグレ好きの女の子(ほぼ一般人)が、15巻最初の「科学班員が床に並べられて改造されている所」が怖くて引いたと言っていたのだけど、その辺も理由の一つだろうか…。
でもああいうえぐい所がDグレの個性だとも思うしなぁ。
ある程度以上グロテスク耐性がないときついのか…。

単純に、見た目のいい主人公勢が悪と戦って勝つという話じゃなくて
後悔や悲しみ、戦えない者と戦える者それぞれの思い、やりきれなさと決意がきちんと盛り込まれているというのがD.Gray-manという漫画の個性だと私は思う。
だから、そういう悲劇性を嫌う人には好かれないのかもしれない。



19巻はどうなるかな。部数増加要素が思いつかない…。
新規層を獲得するにはどうすればいいんだろう。


トラックバック