D.Gray-manのクロウリーファンブログです。Dグレ情報を集めています。(ネタバレは発売日以降)

D.Gray-man 今後の予定
カテゴリ: その他Dグレ情報  2016/01/22(金)


この生放送を文字に書き起こしました。
 
 ・声以外の情報は()内に書いています
 ・笑い声は(笑)です
 ・聞き取りにくい声がいくつかあったので正しくないかもしれません
 ・憶測による補足説明も()内に書いています
 ・「えっと、えっと」などのどもり系は省いています
 ・内容を要約した見出しを付けています
 ・完全に一言一句正確な書き起こしは誰か耳の良い人が代わりに書いてほしい



「星野先生+担当Y氏+担当K氏によるスペシャル座談会」(ニコニコ生放送)
(1/4)書き起こし内容

 ・初めの挨拶
 ・明日発売ジャンプSQ.CROWN冬号の紹介
 ・星野先生と担当吉田氏、初めての出会いの思い出
 ・Y氏がDグレ劇場に出た経緯



(アニメPVが流れる)

(拍手)

小「さあ、始まりました。D.Gray-manのアニメ化記念のスペシャル座談会を始めたいと思います。
 ジャンプSQ.編集部の小菅です。宜しくお願いします」
吉「同じくジャンプSQ.編集部の吉田です。宜しくお願いします」
(ここで初めてダンボール星野先生が映る)
小「そしてダンボールを被っているのは」
星「あっ星野桂です。宜しくお願いします」
(ダンボールに一同笑い)
小「ちょっと先生が照れ屋なので、こういう形を取らせて頂きます。宜しくお願いします」
吉「つかみは良かったんじゃないかな(笑)」
小「3人とも不慣れなのでお手柔らかにお願いします」
星「お願いしますー」
吉「宜しくお願いします」
(拍手)
星「あっありがとうございます…!」



明日発売ジャンプSQ.CROWN冬号の紹介



小「はい、で、明日なんですけども、こちらのジャンプSQ.CROWNの冬号が発売になります。
 まずはこちらの紹介をさせて頂きたいと思います。
 まずはD.Gray-manのアニメ化を決定・記念して、表紙と…
 中身がですね、こういう…見えますかね。ポスター」
(小菅さんCROWN冬号のDグレポスターを開いて見せる)
星「ポスターですね」
小「はい。このポスターの意図というか、先生の想いとか、あれば」
星「ええと…アニメ化記念のポスターという事だったので、アルマと神田を描いたんですけど、そういえばアルマをちゃんとカラーで描いた事がなかったので、今回書けて良かったなと思いました」
小「はい、そうですね。巻頭カラーも先生に描いて頂きまして。巻頭カラーはこんな感じのかっこいい絵になっていますが」
(小菅さんCROWN冬号の巻頭カラーを開いて見せる)
星「そうですね。今回神田ばっかり描いてくれって言われて、なんかこう、アレンも描きたいなって事で、巻頭はかっこよくアレンを描いたんですけど、今ちょっと本編がネアのターンみたいになってるので、二人を、せっかくなので描いてみました。なので今回は、なんなんだろ、二人組っていうテーマでそれぞれ描いたつもりなんですけど、 …っていう…」
(星野先生の声の緊張っぷりに一同笑い)
小「ちょっとね、なかなか緊張してるのですが、一応そういう、先生がカラーを3枚も描いてくださったですね、センターカラーは血界戦線で、こちらも僕が担当してまして。こっちもお願いしますというのと、こっちも僕が担当してる終わりのセラフラフ画集…」
吉「「僕が担当してる」ばっかりだな(笑)」
星「自分の宣伝(笑)」
小「テガミバチの浅田先生の連載完結記念の描き下ろしポスターなんかもあるんで、是非、見て頂ければ。と思います!」
(小菅さんCROWN冬号のテガミバチポスターを開いて見せる)
星「すごい綺麗ですよね」
小「双星の陰陽師のアニメの記事も出てますんで、是非店頭でご覧ください」 
(小菅さんテガミバチポスター裏面の陰陽師アニメ記事を開いて見せる)
小「はい、という感じで、明日発売なので宜しくお願いします」
吉「宜しくお願いします」
星「お願いします」



星野先生と担当吉田氏、初めての出会いの思い出



小「はい、じゃあ…どうしましょうかね」
星「そうですね…」
吉 (星野先生を指して)「聞いた事ないぐらいの緊張の声を(笑)」
小「そうですね」
星「やばい 本当に緊張してます」
小「そうなんです。コメントで先生に聞きたい事とか書いて頂いても多分大丈夫だと思いますので、ぜひ何か書いてみてください」
(一同正面の下の方を見る。ニコ生コメントがそこに流れている?)
(小菅さんと吉田さん顔を見合わせる)
(小菅さん手元の書類をめくる)
星「吉田さん喋ってください」
吉「そうね…でもこれ、思ったより緊張しますね」
小「しますね。…僕が今、星野先生の担当をして、2年ぐらい?」
星「そうですね、2年目」
小「2年ぐらいになるんですが、吉田が初代の担当で、何年ぐらい?」
吉「多分…星野さんと最初に会ったのって多分2002年だと思うんだよね」
星「2002年でしたっけ…?」
吉「2002年の…いつだろう、なんか暑かった頃のような気が」
星「寒かったです」
吉「あれ?」
小「(笑)全くかみ合ってないですね」
吉「10年以上前の記憶だからか(笑)」
小「曖昧すぎるでしょう(笑)」
星「確か秋口か冬口…なんだろう、もうすぐ冬か、もうすぐ秋くらいのちょっと寒い時だったと思います」
吉「そろそろ13年前とかぐらいだもんね」
星「そうですね」
小「その時の二人の思い出とかあれば教えて」
星「確か…なんかハンバーガー屋さんで待ち合わせだったんですよ。で、私先に着いて、ハンバーガー屋さんで何も食べずに吉田さんていう人を待ってたんですけど」
小「はい」
星「そしたらなんか、前からすごいシルバーアクセ付けた」
小「ああ、一時期ね」
星「こう茶髪の、頭クルクルパーマのめっちゃ怖い人が前から歩いてきて。わー怖いなーって思ったら「吉田です」って言われて。で「マジかー」ってなった」
吉(笑)



Y氏がDグレ劇場に出た経緯



小「Y氏ね。…Dグレ劇場で多分名前が売れたというかね」
星「そうですね」
小「怖い…Sっぽい所とかね」
星「そうですね、怖かったです」
吉「いやあれ怖かったのかな?っていう」
星「なんだろう…いや私別に吉田さんをDグレ劇場に描くつもりなかったんですけど、アシスタントの子が吉田さんの話ばっかりしてて。で、なんか吉田さん漫画にしましょうってなって。「もう好きにして」ってなったんですよ」
吉(笑)
星「で、あれ(Dグレ劇場)ができて。好評だったんで描いてる子もノリノリだったから…続けた、っていう」
小「なるほど」
吉「あれ多分知らない間にできてたよね」
星「知らない間にできてました。そうなんですよ」
小「去年のジャンフェスでも「Y氏!」「写真撮ってください!」みたいにファンの子に言われたりとか」
星「人気ですよね」
吉「(笑)それは俺は何を返せばいいの」
(一同笑い)
星「正直どうなのかなって」
小「まあなかなかね、こういう場にも出てくれない先輩なんで」
星「あっそうなんですか?」
小「今日も星野先生の為に出てきてくれた、っていうのがやっぱあって」
星「あ、そうなんですか…いや私なんで吉田さん、いやY氏(この生放送に)いるのかなって思いました」
小「いやなんとなく面白いから出てっていう話だったんですけど、最初は。
 最初は二人でスーツ着る予定だったんですけど、先輩が着て来なかったんで」
吉(笑)
星「そうなんですよ!スーツ着るって!」
小「(笑)なんか適当な感じで」
吉「いや大変だったんだよ色々と」
小「だそうです」
星「ひどい…着てきてくれると思ってたのに。わー恥ずかしい。あっやば」


■続き⇒ 星野先生・吉田さん・小菅さんのニコニコ生放送書き起こし(2/4)


トラックバック